「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

マネジャーの心得/田中和彦

第16回「やる気が空回りしている育休明けの女性部下」

現場マネジャーに向けて、リーダーとしての心構えやマネジメントの手法などを解説します。

< 1 2 >
女性が抱えがちな葛藤や不安をまずは理解すること

 大手金融機関のシステム開発を担当する関連会社で働く入社10年目の女性の話です。
彼女は、1年間の育児休業を経て、職場に戻ってきました。10〜16時という短時間勤務制度を活用しています。育休を取る前は、リーダー的なポジションを任されており、新人の教育指導や会議の運営など、率先して部署を引っ張ってきた“バリキャリ”派でした。
 もともと優秀な人材で、周囲からの評価も高く、本人にも上昇志向があるので、夫から、子供のためにも母親に専念することを勧められても、「今まで、せっかく築いたキャリアを中途半端にしたくない」と復帰を決意したということでした。仕事と家庭を両立させて、会社でも成果を出したいという思いが人一倍強いようでした。

 彼女の上司は、時間的な制約があるので、仕事の割り当てに悩んだそうですが、まずは徐々に慣れてもらうために補助的な仕事を任せたところ、本人から、「もっと仕事を任せてほしいんです。できれば以前と同じ業務の担当を希望します。短時間勤務だからと、限界があるように決めつけないでください」と懇願されたらしいのです。

 この部署は、チームではなく、個人で担当する業務が多く、もし、彼女を元の業務に戻すとしたら、新たにフォローする体制を作る必要があります。

 そのうえ他の社員は、ただでさえ多忙を極めており、時短勤務の彼女に対して、「やる気が空回りしているんじゃないですか」と、迷惑そうな声もチラホラ出てきている様子。もし特別な体制を組むとなると、周囲から一気に不満が噴出しないとも限らない状況です。

 この部署の上司は、「そもそも時間的制約があるのに、他の社員と同じ条件で評価したのでは、周囲からの納得感が得られないのでは…」と、この状況に悩んでいます。

 さて、あなたなら、この女性社員に対してどのようなアドバイスをしますか?

 組織の中ではありがちな話ですね。こんな場合、頭ごなしに「無理をしちゃあダメだ」と決めつけるようなコミュニケーションは禁物です。まずは、じっくりと相手の深層心理に働きかけて、「なぜそんなに焦っているのか」を聞き出すことが肝心です。
働いていると、結婚・出産・子育て・介護など、人生の中で予期せぬライフイベントに直面することがあります。とりわけ女性は、そんな悩みに陥ることが多いものです。

 まずは、女性が抱えがちな葛藤や不安について理解し、共有するところからスタートしましょう。具体的には、どんな葛藤や不安があるかというと、


〔ね茲悗稜然とした不安を抱えやすい(対未来)

 今後のキャリアを考えるにあたって、仕事とプライベートがどうなっていくのかが想像できない。どうなるか予測もできないということから、将来に対して漠然とした不安を抱え込みやすいということです。

⊆囲への負い目を抱えやすい(対職場)

 時短勤務の場合など、周囲の通常勤務の社員や過去の自分と比較し、現状とあるべき姿の間で葛藤が生じ、「自分だけが頑張れていないのでは」、「自分がふがいない」などと、ついつい感じてしまうことがあります。



※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です





●文/田中和彦(たなか かずひこ)

株式会社プラネットファイブ代表取締役、人材コンサルタント/コンテンツプロデューサー。1958年、大分県生まれ。一橋大学社会学部卒業後、人材サービス関連企業に入社し、情報誌の編集長を歴任。その後、映画配給会社のプロデューサー、出版社代表取締役を経て、現在は、「企業の人材採用・教育研修・組織活性」などをテーマに、“今までに2万人以上の面接を行ってきた”人材コンサルタント兼コンテンツプロデューサーとして活躍中。新入社員研修、キャリアデザイン研修、管理職研修などの講師や講演は、年間100回以上。著書に、『課長の時間術』『課長の会話術』(日本実業出版社)、『あたりまえだけどなかなかできない42歳からのルール』(明日香出版社)など多数。
連絡先:info@planet-5.com
< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[チームにおける「ナンバー2」の重要性]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

シゴトの風景

[第103回「72歳保育士の仕事観」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

monthly時事トピックス

[「中小企業成長促進法」が施行]
人事労務関連のニュースの中から、注目しておきたいものや社会の動向を捉えたものなどを月ごとにピックアップしてご紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook