「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 企画業務型裁量労働制の対象業務拡大と高度プロフェッショナル制度導入に反対の姿勢(連合)

企画業務型裁量労働制の対象業務拡大と高度プロフェッショナル制度導入に反対の姿勢(連合)

9月4日、第139回労働政策審議会労働条件分科会が開催された。

 

企画業務型裁量労働制の対象業務拡大と高度プロフェッショナル制度導入に対して、労働者側委員は、制度の本旨に沿った運用がなされていないこと等を理由に反対意見を述べた。反対に、使用者側委員は、労働者が自立的に働く選択肢を増やす観点から賛成意見を述べ、議論は平行線をたどった。

 

分科会終了後、連合本部・安永副事務局長は、「今求められていることは、過労死・過労自殺を防ぎ、すべての働く人がゆとりある生活を送るために実効性ある施策を講じることであり、企画業務型裁量労働制の対象業務拡大と高度プロフェッショナル制度の創設はこの流れに逆行している。(一部抜粋)」と述べた。

 

詳しくは日本労働組合総連合会のWEBサイト

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

シゴトの風景

[第71回「妊婦さまと会社初の時短社員」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

問いから考えるパートアルバイト採用・定着

[第11回 誰を採用ターゲットにすればいいのか?]
パート・アルバイトスタッフを「いかに採用し、定着させるか」について、押さえなければならないポイントや、施策を考えるヒントなどを解説します。

人材育成のツボ

[仕事と育児どちらも大切!〜新米ワーママのジレンマ〜]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook