「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 就職・採用活動におけるハラスメント的な行為があると4割の大学が回答―平成29年度 就職・採用活動に関する調査結果について(速報版)(文科省)

就職・採用活動におけるハラスメント的な行為があると4割の大学が回答―平成29年度 就職・採用活動に関する調査結果について(速報版)(文科省)

就職問題懇談会は、平成29年度の就職・採用活動の状況を把握し、今後の就職・採用活動の円滑な実施の検討に資することを目的とし、大学・短期大学と民間企業に対してアンケート調査を実施した。

 

調査対象は以下の通り。
≪大学≫
全国の国公私立大学及び短期大学1,115校(有効回答数1,037件 回答率93.0%)

 

≪企業≫
規模、地域、業種のバランスを考慮した上で無作為抽出した全国の企業2,500社(有効回答数1,034件 有効回答数41.4%)

 

【ポイント】
≪大学≫
◆2017年8月1日時点で就職活動を終了した時期について、昨年度と比べると、「継続中」との回答が最も多いことは同じであるが、回答割合が低くなっている

 

◆就職・採用活動におけるハラスメント的な行為に対して大学等への相談が「ある」割合は40.1%(前年比0.1ポイント増)で、相談内容は、「内々定の段階で内定承諾書の提出を求められた」の割合が最も高かった(81.0%)

 

≪企業≫
◆2017年8月1日時点で採用予定者数の確保状況について、大企業については53.1%が「確保できた」が、中小企業については30.5%に留まっている

 

◆インターンシップを「実施した」企業は46.8%、実施時期は2月(59.8%)が最も多く、次いで8月(50.2%)、実施期間は「1営業日」が最も多く38.2%、続いて「5~9営業日」(26.7%)であった

 

詳しくは文部科学省のWEBサイト

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

シゴトの風景

[第75回「胸が痛くなった原因」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

よくわかる評価制度の作り方

[第3回「緊急度が低く、重要度が高いものに取り組む方法」]
人事評価制度を作る上での基本的な考え方から、評価シートの作成方法、実際の運用までを分かりやすく解説します。

人材育成のツボ

[居心地の良い職場をつくる「人間関係の良さ」とは?]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook