「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 「労働基準法施行規則の一部を改正する省令案要綱」の諮問と答申〜准救急隊員については休憩時間の自由利用の適用から除外されます〜(厚労省)

「労働基準法施行規則の一部を改正する省令案要綱」の諮問と答申〜准救急隊員については休憩時間の自由利用の適用から除外されます〜(厚労省)

厚生労働省は、本日、労働政策審議会に対して「労働基準法施行規則の一部を改正する省令案要綱」について諮問を行った。
この諮問を受け、同審議会労働条件分科会で審議が行われ、同審議会から妥当であるとの答申があった。
厚生労働省は、今後、この答申を踏まえ、速やかに省令の制定に向けた作業を進め、平成30年4月に施行する予定。

 

【省令改正案のポイント】
准救急隊員は、救急隊の一員として救急出動指令に即時に対応するため、休憩時間中も勤務場所に待機することが必要不可欠であることから、労働基準法第34条第3項に定める休憩時間の自由利用の適用を除外することとする。

 

「准救急隊員」とは
救急隊は救急車と、3人以上の救急隊員で編成することが義務づけられているが、過疎地域や離島などの一部地域では、救急隊員3人のうち1人を准救急隊員とすることができる。准救急隊員は救急業務に関する基礎的な講習(92時間)を終了した自治体職員等の任用が想定されている。

 

詳しくは厚生労働省のWEBサイト

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[クレームを引き寄せない人づくり]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。

シゴトの風景

[第79回「アラフォーの転職」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

ゼロから学ぶ人事評価/真田直和

[第1回「評価制度はうまく機能していますか?」]
人事評価制度は運用が難しかったり、形骸化するなど、実際に機能させるのは簡単ではありません。本コーナーは、実際の運用を念頭に置いた制度作りをゼロから解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook