「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 「労働基準法施行規則の一部を改正する省令案要綱」の諮問と答申〜准救急隊員については休憩時間の自由利用の適用から除外されます〜(厚労省)

「労働基準法施行規則の一部を改正する省令案要綱」の諮問と答申〜准救急隊員については休憩時間の自由利用の適用から除外されます〜(厚労省)

厚生労働省は、本日、労働政策審議会に対して「労働基準法施行規則の一部を改正する省令案要綱」について諮問を行った。
この諮問を受け、同審議会労働条件分科会で審議が行われ、同審議会から妥当であるとの答申があった。
厚生労働省は、今後、この答申を踏まえ、速やかに省令の制定に向けた作業を進め、平成30年4月に施行する予定。

 

【省令改正案のポイント】
准救急隊員は、救急隊の一員として救急出動指令に即時に対応するため、休憩時間中も勤務場所に待機することが必要不可欠であることから、労働基準法第34条第3項に定める休憩時間の自由利用の適用を除外することとする。

 

「准救急隊員」とは
救急隊は救急車と、3人以上の救急隊員で編成することが義務づけられているが、過疎地域や離島などの一部地域では、救急隊員3人のうち1人を准救急隊員とすることができる。准救急隊員は救急業務に関する基礎的な講習(92時間)を終了した自治体職員等の任用が想定されている。

 

詳しくは厚生労働省のWEBサイト

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[改正労働契約法「無期転換」への準備はできていますか?]
アイデム人と仕事研究所の所員が、労働関連のニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

【企業に聞く】人が活きる組織

[株式会社ウィルウェイ(馬渕教育グループ)/コアバリューは授業品質の向上 生徒数増を続ける学習塾]
やる気を引き出す仕組みや教育制度などの人事施策や、働きやすい職場環境の実現など、人に関する企業事例を紹介します。

monthly労働時事トピックス

[転職賃金相場2017〜民間人材サービス業界初〜]
人事労務関連のニュースの中から、注目しておきたいものや社会の動向を捉えたものなどを月ごとにピックアップしてご紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook