「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 今年度から「公的職業訓練に関する職業訓練サービスガイドライン適合事業所認定」を本格的に実施(厚労省)

今年度から「公的職業訓練に関する職業訓練サービスガイドライン適合事業所認定」を本格的に実施(厚労省)

厚生労働省は、今年度から「公的職業訓練に関する職業訓練サービスガイドライン適合事業所認定」(以下、「ガイドライン適合事業所認定」)を本格的に実施する。平成30年度の申請受付は、10月1日より開始した。

 

「ガイドライン適合事業所認定」とは、公的職業訓練(ハロートレーニング※1)と民間教育訓練機関のマネジメントの質の向上を目的とするもの。実際に公的職業訓練の質の向上に取り組んでいる民間教育訓練機関に対して審査を行い、「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン※2」に基づいて、適合している事業所を認定する。認定を取得した事業所には認定証が付与され、有効期限は交付日から3年間となる。
平成30年度事業では、120事業所程度の審査認定を予定している。

 

厚生労働省では、この事業を通じて、民間職業訓練機関における公的職業訓練の更なる質の向上を支援していく。

 

※1 働こうとする方、働く方すべてを対象として、必要な職業スキルや知識を習得することができる公的制度
※2 厚生労働省が平成23年度に策定

 


詳しくは厚生労働省のWEBサイト

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

シゴトの風景

[第81回「社長からのメール」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

人材育成のツボ

[実は簡単? 驚くほど仕事がうまくいく「聴き方」]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。

ゼロから学ぶ人事評価/真田直和

[第3回「現実にあった制度の作り方〜現状分析編〜」]
人事評価制度は運用が難しかったり、形骸化するなど、実際に機能させるのは簡単ではありません。本コーナーは、実際の運用を念頭に置いた制度作りをゼロから解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook