「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 「労働時間関係」の相談が最多―連合全国一斉集中労働相談ホットライン結果(連合)

「労働時間関係」の相談が最多―連合全国一斉集中労働相談ホットライン結果(連合)

日本労働組合総連合会は、全国の地方連合会において、2019年2月6日(水)〜8 日(金)に取り組んだ連合全国一斉集中労働相談ホットラインの集約結果を公表した。


なお、この取り組みは連合で行っている「クラシノソコアゲ応援団!RENGOキャンペーン」第4弾「Action!36」の一環であり、テーマを「働き過ぎにレッドカード!!〜2019年4月から時間外労働に上限規制が導入されます〜」として実施した。
連合は、2019年4月より改正労働基準法が施行されることから、長時間労働を是正し、36協定の適正な締結など、すべての職場でのより良い働き方の実現をめざした取り組みとして「Action!36」を行っている。


今回のホットラインで明らかとなった実態を踏まえ、長時間労働の是正や36協定の周知・適正な締結に向けて、「Action!36」の取り組みを進めていく。

 

【結果のポイント】
◆3日間で838件の労働相談が寄せられ、業種別では「医療・福祉」(18.9%)「サービス業」(18.7%)で働く人からの相談が多く寄せられた

 

◆相談内容別では、労働時間関係(30.0%)の相談が最も多く、その内訳としては、「年次有給休暇」(14.7%)、「週40時間」(6.4%)、「休日・休憩」(4.5%)、「その他」(4.3%)となった

 

◆相談内容を詳細別でみると、「年次有給休暇」(14.7%)に関する相談が最も多く、次いで「不払い残業、休日手当・割増賃金未払」(10.3%)、「パワハラ・嫌がらせ」(9.5%)となった

 


詳しくは日本労働組合総連合会のWEBサイト


●労働相談集計報告【2019年】
2019年2月6日(水)〜8日(金)全国一斉集中労働相談ホットライン「『働き過ぎにレッドカード!! 』〜2019年4月から時間外労働に上限規制か導入されます〜」集計報告(PDF)

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[自己啓発をしない社員に「けしからん!」と思う前に]
アイデム人と仕事研究所の所員が、労働関連のニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

シゴトの風景

[第86回「3社目で得た平穏」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

人材育成のツボ

[イチローから学ぶ“しなやかに仕事をする”ヒント]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook