「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 働く目的は「お金を得るため」56.4%−国民生活に関する世論調査報告書<令和元年6月調査>(内閣府)

働く目的は「お金を得るため」56.4%−国民生活に関する世論調査報告書<令和元年6月調査>(内閣府)

内閣府は、令和元年6月調査の「国民生活に関する世論調査報告書」を取りまとめ、公表した。
現在の生活や今後の生活についての意識、家族・家庭についての意識など、国民の生活に関する意識や要望を種々の観点でとらえ、広く行政一般の基礎資料とするものである。
調査対象:全国の日本国籍を有する18 歳以上の者 有効回収数5,492 人(回収率 54.9%)

【結果のポイント】
◆現在の生活について、「満足」とする者の割合は73.8%(「満足している」11.5%+「まあ満足している」62.4%)、「不満」とする者の割合は25.0%(「やや不満だ」20.0%+「不満だ」5.0%)だった。また、日常生活で「悩みや不安を感じている」と答えた者の割合は63.2%、「悩みや不安を感じていない」と答えた者の割合は36.1%となっている

◆今後の生活について、特にどのような面に力を入れたいと思うかの問いに、「健康」を挙げた者の割合が66.5%と最多となった。また、貯蓄や投資など将来に備えることに力を入れたいと思うか、それとも毎日の生活を充実させて楽しむことに力を入れたいと思うか聞いたところ、「貯蓄や投資など将来に備える」が32.9%、「毎日の生活を充実させて楽しむ」が59.2%となった

◆働く目的は何か聞いたところ、「お金を得るために働く」56.4%、「社会の一員として、務めを果たすために働く」14.5%、「自分の才能や能力を発揮するために働く」7.9%、「生きがいをみつけるために働く」17.0%となっている


詳しくは内閣府のWEBサイト

 

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[「やりっぱなし研修」に終止符!〜研修評価のすすめ〜]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

シゴトの風景

[第94回「75歳、送迎ドライバーの覚悟」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第10回「問題解決法で感情をコントロールする」]
怒りや妬みなどの負の感情のコントロールを学ぶことは、メンタルを強くし、仕事の成果や自己成長につなげることができます。メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook