「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 中小企業の業況は、緩やかな改善基調の中にも一服感−2019年7−9月期「中小企業景況調査」(経産省)

中小企業の業況は、緩やかな改善基調の中にも一服感−2019年7−9月期「中小企業景況調査」(経産省)

独立行政法人中小企業基盤整備機構は、「中小企業景況調査」(2019年7−9月期)の結果を取りまとめ、公表した。
全国の中小企業約1万9千社を対象に、商工会・商工会議所の経営指導員、中小企業団体中央会の調査員の協力を得て、四半期毎に実施しているもの。中小企業の業況判断、売上額及び経常利益等の2019年7-9月期の実績(DI)及び2019年10-12月期の見通し(DI)について、中小企業庁と同機構が共同で結果を取りまとめた。

【結果のポイント】
◆2019年7-9月期の全産業の業況判断DIは、マイナス16.6(前期差1.1ポイント減)となり、3期連続で低下。全産業の資金繰りDIは、マイナス12.7(前期差0.9ポイント減)と2期連続して低下

◆製造業の業況判断DIは、マイナス17.2(前期差2.2ポイント減)となり、5期連続で低下。業種別では、家具・装備品、パルプ・紙・紙加工品、その他の製造業、金属製品、印刷の5業種で上昇し、化学、輸送用機械器具、鉄鋼・非鉄金属、繊維工業など9業種で低下

◆非製造業の業況判断DIは、マイナス16.4(前期差0.8ポイント減)と2期連続して低下。産業別では、建設業で上昇し、卸売業、小売業、サービス業で低下


詳しくは経済産業省のWEBサイト

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[中途採用≠即戦力? 中途採用者の定着・能力発揮に必要なこと]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第31回 「無期転換ルールの実務運用」について]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。

monthly時事トピックス

[69.6%で労働基準関係法令違反]
人事労務関連のニュースの中から、注目しておきたいものや社会の動向を捉えたものなどを月ごとにピックアップしてご紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook