「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 3月の二人以上世帯の消費支出、前年同月比実質6.0%減−家計調査報告<速報>(総務省)

3月の二人以上世帯の消費支出、前年同月比実質6.0%減−家計調査報告<速報>(総務省)

総務省は、2020年3月および2020年1〜3月期の「家計調査報告」(速報)を公表した。家計調査は,一定の統計上の抽出方法に基づき選定された全国約9千世帯を対象として,家計の収入・支出,貯蓄・負債などを毎月調査している。
家計調査の結果は,これら調査世帯の理解・回答によって得られており,景気動向の把握,生活保護基準の検討,消費者物価指数の品目選定及びウエイト作成などの基礎資料として利用されているほか,地方公共団体,民間の会社,研究所あるいは労働組合などでも幅広く利用されている。
 
【2020年3月/結果のポイント】
◆二人以上世帯の1世帯当たりの消費支出は、前年同月比実質6.0%減の292,214円だった
 
◆うち被服及び履物は同26.1%減(6か月連続の実質減少)、教養娯楽は同20.6%減(4か月連続の実質減少)でマイナスに寄与
 
◆勤労者世帯の実収入は、1世帯当たり同1.5%増の490,589円
 
 
【2020年1〜3月期/結果のポイント】
◆二人以上世帯の1世帯当たりの消費支出は、同3.5%減の283,707円だった
 
◆勤労者世帯の実収入は、1世帯当たり同1.7%増の504,317円
 
 
※いずれも調査方法の変更の影響による変動を調整した推計値。
 

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第14回「コロナ禍をレジリエンスでコントロールする」]
メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。

シゴトの風景

[第98回「29歳独身。私の仕事観」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

人材育成のツボ

[ポイントはえこひいき!? お客様に選ばれ続けるには?]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook