「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 25,770事業場で労働基準関係法令違反−令和元年度 労働基準監督署監督指導結果(厚労省)

25,770事業場で労働基準関係法令違反−令和元年度 労働基準監督署監督指導結果(厚労省)

厚生労働省は、令和元年度に、長時間労働が疑われる事業場に対して労働基準監督署が実施した、監督指導の結果を取りまとめ公表した。
この監督指導は、各種情報から時間外・休日労働時間数が1か月当たり80時間を超えていると考えられる事業場や、長時間にわたる過重な労働による過労死等に係る労災請求が行われた事業場を対象とするもの。
結果、対象となった32,981事業場のうち、25,770事業場 (78.1%)で労働基準関係法令違反が認められ、そのうち15,593事業場(47.3%)で違法な時間外労働を確認した。
厚生労働省では、今後も長時間労働の是正に向けた取組を積極的に行うとともに、11月の「過重労働解消キャンペーン」期間中に重点的な監督指導を行うとしている。
 
【結果のポイント】平成31年4月から令和2年3月までの結果 

(1)主な違法内容(監督指導のうち法令違反があり、是正勧告書を交付した事業場)
◆違法な時間外労働があったもの:15,593事業場(47.3%)
  うち、時間外・休日労働の実績が最も長い労働者の時間数が
 ・月80時間を超えるもの:5,785事業場(37.1%)
 ・月100時間を超えるもの:3,564事業場(22.9%)
 ・月150時間を超えるもの:730事業場(4.7%)
 ・月200時間を超えるもの:136事業場(0.9%)
 
◆賃金不払残業があったもの:2,559事業場(7.8%)
 
◆過重労働による健康障害防止措置が未実施のもの:6,419事業場(19.5%)
 
(2)主な健康障害防止に関する指導の状況(監督指導のうち、健康障害防止のため指導票を交付した事業場)
◆過重労働による健康障害防止措置が不十分なため改善を指導したもの:15,338事業場(46.5%)       
 
◆労働時間の把握が不適正なため指導したもの:6,095事業場(18.5%)
 
 

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

マンガ・ワーママ人事課長キノコさん

[第30回「在宅勤務の最低賃金 会社と自宅どちらの地域が適用?」]
難しい労働関連の法律や、雇用や働き方に関する社会の動きなどを、親しみやすいマンガで分かりやすく解説します。

マネジメント悩み相談室/田中和彦

[第54回「部下が気をつけるべきリモートワークのポイントは?」]
マネジメントに関する悩みについての解決策を示したり、対処法などを解説します。

マナバンク〜学びのヒント〜

[研修で人は変わることができるのか? 社会人の学びと成長]
ビジネスパーソンが抱えるさまざまな課題について、解決やキャリアアップにつながるヒントを学びます。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook