「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 「育児休業」を取得した男性13.4%、女性64.4%−「男性の育児等家庭的責任に関する意識調査2020」(連合)

「育児休業」を取得した男性13.4%、女性64.4%−「男性の育児等家庭的責任に関する意識調査2020」(連合)

日本労働組合総連合会は、「男性の育児等家庭的責任に関する意識調査2020」の結果を取りまとめ、公表した。

 

当調査は、男性の育児等家庭的責任についての意識や実態を把握するために行った。10月26日〜10月28日の3日間でインターネットリサーチにより実施し、未就学の子どもがいる全国の20歳〜59歳の働く人1,000名(男性500名、女性500名)の有効サンプルを集計したもの。

 

【結果のポイント】
◆育児・介護休業法で定められた“育児休業”を利用した人の割合は、女性 64.4%、男性 13.4%にとどまった。また、「希望した日数どおり育児休業を取得できなかった」のは、育児休業取得経験者の 40.1%、男性では 47.8%だった

 

◆育児休業未取得者の理由として、男性の1位は「仕事の代替要員がいない」53.3%で、女性の1位は「収入が減る(所得保障が少ない)」27.5%だった。また、「勤め先は育児休業を取得しにくい」と回答した男性は 57.6%で、女性より28.4ポイント高かった

 

◆男性の育児休業取得率を上げるために必要だと思う対策は、「育児休業が取得可能なことの研修等を通じた社内周知」(34.2%)が最も高く、次いで、「企業による対象者への育児休業の説明義務化」(32.3%)となった

 

◆コロナ禍による保育園・幼稚園休園時、日中の子どもの面倒について、男性の84.5%が「配偶者・パートナー」、女性の79.1%が「自分」と回答。子育てにかかわる時間が「増えた」と感じるのは女性では 51.8%と、男性(43.8%)と比べて 8.0 ポイント高くなっている

 

 

⇒詳しくは日本労働組合総連合会のWEBサイト
●「男性の育児等家庭的責任に関する意識調査2020」2020年11月16日掲載PDF

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

はたらくりっぷ

[はたらく権利、はたらかない権利]
社会で働くときに、知っておきたいこと、身につけておきたいこと、考えておきたいことなどを解説したり、考察します。働くことに関する不安や、悩みを解消する知識や考え方などもお伝えします。

ココロの座標/河田俊男

[第56回「孤独死が増えている」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

成果を出すチームのつくり方/吉田幸弘

[第8回「時間の使い方を見直す」]
社内コミュニケーションは、人の定着や生産性向上の土台となるものです。コミュニケーションの醸成や活性化させるための考え方や手法について解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook