「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

新着情報

  • 新着情報一覧
  • 11月20日の「キャリコネニュース」等で、「2018年3月卒業予定者の就職活動に関する学生調査(2017年10月1日状況)」のデータが紹介されました。

11月20日の「キャリコネニュース」等で、「2018年3月卒業予定者の就職活動に関する学生調査(2017年10月1日状況)」のデータが紹介されました。

11月20日の「キャリコネニュース」等で、「2018年3月卒業予定者の就職活動に関する学生調査(2017年10月1日状況)」のデータが紹介されました。

 

〜2018年卒の「内定ブルー」8割超 「社会人になりたくない」も昨年比大幅増加で4割〜

 

 「内定辞退6割」など、売り手市場の盛況さが目を引く今年の就職活動。だが一方で、内定後に気持ちが沈んでしまう「内定ブルー」は、増加傾向にあるという。

 

 企業採用活動支援のアイデムは11月上旬、2018年3月卒業予定者の「就職活動に関する調査」の結果を発表した。対象は民間企業へ就職希望の大学4年生・大学院2年生の男女655名。インターネットで回答を得た。−中略―

 

 内定を獲得し就活を終了した学生に、「入社予定企業を決定した後に、不安や憂鬱な気分(内定ブルー)になったことはあるか」聞いたところ、「ある」と回答した学生は81.1%と、ほとんどの人が陥っていたと判明した。2016年は72%、2017年は74.9%だったため、徐々に増加傾向にあることが分かる。―後略―

 

調査本文はコチラ

 

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[“子どもは欲しくない”アラサーが増加!?]
アイデム人と仕事研究所の所員が、労働関連のニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第9回「労使協定」届出の重要性について]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。

わかりやすい仕事の教え方/林博之

[第9回 学習支援〜実演する・説明する・実行させる・評価する(1)〜]
誰に対しても応用できる仕事の教え方について、わかりやすく解説します。教え方を学ぶことは、人材育成や定着の施策を考える上でも有効です。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook