「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

新着情報

  • 新着情報一覧
  • 7月19日の「リセマム」で、「子供のキャリア観に関する調査(小学校5-6年生編)」のデータが紹介されました。

7月19日の「リセマム」で、「子供のキャリア観に関する調査(小学校5-6年生編)」のデータが紹介されました。

7月19日の「リセマム」で、「子供のキャリア観に関する調査(小学校5-6年生編)」のデータが紹介されました。

 

〜親の働く姿を見た子ども、親への憧れが強くなる傾向〜

 

 親の働いている姿を見たことがある子どもは、親への憧れや将来の夢をもちやすい傾向にあることが、アイデムが2018年7月19日に発表した調査結果より明らかになった。

 子どものキャリア観に関する意識調査は、小学校5年生または6年生の子どもを持つ男女を対象に実施し、1,308人の有効回答を得た。調査期間は、2018年6月14日〜6月17日。子どもへの調査は、調査時に同席している子どもに質問をし、保護者が回答を聞いて記入した。

 

 親がどのような仕事をしているか知っている子どもの割合は、父親の仕事では87.8%、母親の仕事では92.0%、父親と母親のいずれか一方では59.3%にのぼる。

 親が働く姿を見たことがある子どもの割合は、父親の働く姿が33.8%、母親の働く姿が49.3%、父親と母親のいずれか一方では59.3%にのぼる。親の仕事を「知っている」子どもは約9割にのぼるが、その働く姿を実際に「見たことがある」子どもは、そこまで多くないようだ。−中略―

 

 「アイデム人と仕事研究所主任」の古橋孝美氏は、「親の働く姿を『見たことがある』子どもは、自身の将来について夢を持っていたり、期待を持っている割合が高くなりました。もっとも身近な大人の働く姿から、『働く』ことへの具体的なイメージが想起されているのかもしれません」とコメントしている。

 

調査本文はコチラ

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[クレームを引き寄せない人づくり]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。

シゴトの風景

[第79回「アラフォーの転職」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

ゼロから学ぶ人事評価/真田直和

[第1回「評価制度はうまく機能していますか?」]
人事評価制度は運用が難しかったり、形骸化するなど、実際に機能させるのは簡単ではありません。本コーナーは、実際の運用を念頭に置いた制度作りをゼロから解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook