「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

新着情報

  • 新着情報一覧
  • 4月13日の「訪日ラボニュース」で、「特定技能・技能実習制度に関する調査」のデータが紹介されました。

4月13日の「訪日ラボニュース」で、「特定技能・技能実習制度に関する調査」のデータが紹介されました。

4月13日の「訪日ラボニュース」で、「特定技能・技能実習制度に関する調査」のデータが紹介されました。

 

〜特定技能外国人、受け入れ企業の約98%が「良い影響」採用の際の心配事は日本語レベル/採用担当者・経営者に調査〜

 

株式会社アイデムは、4月9日、特定技能制度に関する業種の採用担当者または経営者を対象としたインターネット調査「特定技能外国人受け入れに関する調査」を実施した結果を発表しました。

なお、同調査の調査期間は、2020年3月6日(金)〜3月9日(月)。有効回答数は860にのぼります。

 

調査結果によると、「特定技能」制度の認知度については、「制度の名称も仕組みも知っている」が42.9%、「制度の名称は知っているが仕組みはよく知らない」が39.9%でした。

「特定技能」制度の名称を知っている人を対象に、「受け入れが及ぼす良い影響」を尋ねたところ、「人材不足の緩和につながった」が53.2%、「教育制度の見直し・向上につながった」が31.9%

一方、「良い影響はない」が1.4%であり、実際に受け入れている企業の約98%が何らかの良い影響を感じていることがわかりました。(後略)

 

調査本文はコチラ

 

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第14回「コロナ禍をレジリエンスでコントロールする」]
メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。

シゴトの風景

[第98回「29歳独身。私の仕事観」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

人材育成のツボ

[ポイントはえこひいき!? お客様に選ばれ続けるには?]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook