「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

シゴトの風景

第89回「スーツ組になって思ったこと」

働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。(2019年8月8日)

< 1 2 >

 ハウスクリーニング会社のマネジャーになって半年、君村文典さん(仮名・45歳)は現場に戻りたいと思い始めている。

 

「現場の作業員時代、マネジャーって楽そうだと思っていました。作業員は、朝から晩まで個人宅でエアコンやレンジフード、水回りの掃除をして汗びっしょり。でも、マネジャーはいつもきれいなスーツを着て、現場に来ても腰に手を当てて作業を見ているだけ。人がいないときは手伝ってくれますが、日常的に現場に出ていないから、なかには足手まといな人もいます。僕らはいつも『スーツ組はいいよな』と言っていました」

 

 半年前、3人のマネジャーのうち、1人が退職した。君村さんは入社6年目、12班ある各作業部隊の班長になって2年がたっていた。社交的な性格で、マネジャーの上の立場にある部長とも親しかった。元高校球児同士という共通点もあり、かわいがってもらっていたという。マネジャーたちのだらしなさを、部長にひそかに進言したこともある。そんな関係だったこともあり、マネジャーに抜てきされたのだ。

 

 

 

 

「うれしかったですが、少し迷いました。今まで現場の立場から、上の人に言いたいことを言っていたのが、今度は逆の立場になるわけですから。それに、私の担当マネジャーだったMさんには生意気なことを言っていたので、同じ立場になってどういう関係になるか、不安でもありました。ただ、給料はアップするし、部長からの要請でもあったので、ありがたく受けることにしました」

 

 しかし、現実は甘くなかった。マネジャーになってまもなく、君村さんが担当する班に退職者と長期離脱者が出た。君村さんはMさんを頼るのが嫌で、自分で現場に入って穴埋めをした。マネジャーの中ではリーダー的存在のMさんは、君村さんにそっけない態度を取っていた。班長時代、君村さんがMさんを飛び越えて部長に仕事の相談をしていたことを、おもしろく思っていなかったようだ。

 

「Mさんはベテランで、多くの清掃スタッフと長年にわたってコミュニケーションを取ってきているので、当日欠勤や急な退職者が出たとき、穴埋め要員を手配できます。しかし、私は自分が班長だった時代の班の人しか知らないので、人の手配にも限界があります。そうすると自分が現場に作業員として入るか、Mさんに頼るかのどちらかになるんです」

 

 穴埋めの仕事に入った分、数字の管理がおぼつかなくなった。

 

「うちの会社は不動産部門も持っていて、そっちから回してもらっているお客さんも多いので、営業マンとの関係を築くことも仕事の1つです。また、季節のタイミングなどを見計らって既存のお客さんに電話をし、『エアコンの清掃、いかがですか?』という営業もしなくてはいけません。ですが、現場に入っていると時間が取れず、そうしたことができないんです」

 

>>>次ページにつづく

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[2020年4月1日施行、派遣労働者の同一労働同一賃金]
アイデム人と仕事研究所の所員が、労働関連のニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第29回 「労働条件の明示方法の変更に伴う運用」のポイント]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。

monthly時事トピックス

[脳・心臓疾患及び精神障害の労災請求件数、いずれも前年度比増]
人事労務関連のニュースの中から、注目しておきたいものや社会の動向を捉えたものなどを月ごとにピックアップしてご紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook