「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

感情をコントロールする方法/笠原彰

第12回「野村克也監督の語録を活用する(1)」

メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。(2020年3月12日)

< 1 2 >

 プロ野球で戦後初の三冠王に輝き、監督としても日本一に3回輝いた野村克也氏がお亡くなりになりました。野村監督は、ボヤキと言われる数多くの名言を残しました。ボヤキには学術的な根拠があり、個人やチームの感情をコントールするためのヒントが数多く隠されています。

 

 数ある野村監督語録を分類してみると、5つのキーワード「プロセス、根拠、他者志向、ライフスキル、恥」(図1)が挙げられます。今回は、プロセスについて解説します。

 

■図1. 5つのキーワード

 

 

1.プロセス

 

<野村監督語録>
・結果オーライの野球は、私は一番嫌いなんですよ。

 

・「野村の野球」とは、結果ではなくプロセスを大事にすること。目標を掲げ、そのために何を考え、何をするかが大事なんだ。すべてそうでしょ。

 

・結果よりプロセスが大事。良い結果に至ったプロセスが明快なら、また次も良い結果を出しやすくなる。が、適当なヤマカンで当たった結果には再現性がない。意味がない。

 

 プロの世界では、ビジネスもスポーツも結果が重視されます。しかし結果ばかりを見ていても、結果を出すことはできません。結果を出すためには、プロセスにフォーカスする必要があります。研究者Duda (1989)は結果とプロセスの「どちらにフォーカスしているか?」を調べることができるThe Task and Ego Orientation in Sports Questionnaire (TEOSQ) を作成しました。

 

 

>>>次ページにつづく

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ

 

 


 

 

●文/笠原彰(かさはら あきら)
作新学院大学教授、メンタルトレーニングラボ代表、栃木県体育協会スポーツ医科学委員会委員
日本体育大学大学院修了。プロアスリートや中高生チームへの指導など、メンタルトレーニングに関する豊富な実績を持つ。近年はスポーツ分野にとどまらず、一般企業のビジネスパーソンのメンタルスキルトレーニングや講演活動も行っている。著書に『誰でもできる 最新スポーツメンタルトレーニング』(学研プラス)、『気持ちの片づけ術』(サンクチュアリ出版)、『ゴルフのメンタルテクニック エビデンスに基づく 50のドリル』(ゴマブックス)。
http://mt-labo.sakura.ne.jp/

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

ココロの座標/河田俊男

[第48回「自分を正当化する部下」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

【企業に聞く】人が活きる組織

[株式会社ルバート/全スタッフが“子育てママ” 働きやすさと働きがいのバランスを目指して]
やる気を引き出す仕組みや教育制度などの人事施策や、働きやすい職場環境の実現など、人に関する企業事例を紹介します。

コンテンツ・アーカイブ

[新型コロナに関する企業対応]
過去に公開したコンテンツや情報を、テーマに沿ってピックアップしたり、社会の動きにマッチしたものなどをご紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook