「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働トレンド一問一答

シャドーIT

労働関連のトレンド用語を解説します。(2020年6月11日)

従業員が、社内で使用が許可されていないサービス(ファイル共有システムやチャットツールなど)やデバイス(スマートフォン、タブレット、PC等)を会社に無断使用して業務を行うことを指す言葉です。

 

<シャドーITの例>
・会社のPCのデータをUSBメモリーに格納して持ち帰り、自宅のパソコンで作業をする
・個人のスマートフォンで業務に関するデータを扱う
・個人向けのファイル共有サービスで業務上のデータを共有・送信する
・会社支給のPCを、私用のスマートフォンをテザリングしてインターネットにつなげる

 

個人向けサービスは、企業向けサービスよりもセキュリティが脆弱な場合が多く、不正アクセスや情報漏洩などのセキュリティトラブルにつながるおそれがあります。
一方で、従業員がシャドーITを行ってしまう背景には、

 

・会社から残業抑制を求められているため、仕事を持ち帰って進める必要がある
・業務を効率的に進めるには、自社で用意されているIT環境が不便である

 

といったことがあります。

企業側は、シャドーITを一方的に禁止するだけではなく、従業員がシャドーITを行わなくてもよいように、自社のIT環境を見直すことも求められます。なお、個人のデバイスを業務で使用する「BYOD(Bring Your Own Device)」は、企業の承認を得て各デバイスを業務使用をするものであり、シャドーITとは異なります。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[職業選択の幅を拡げるキャリア教育の重要性]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

外国人スタッフの定着と戦力化を図る/淺海一郎

[第4回「オンライン採用を考える」]
採用した外国人スタッフに定着して、戦力として活躍してもらうために、企業が準備すべきことや、考えておかなければならないことなどを解説します。

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第16回「ライフスキルを身につける〜野村克也監督語録に学ぶ(4)〜」]
メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook