「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

ココロの座標

第52回「夜中に過食する人々」

人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。(2020年7月22日)

< 1 2 >

 夜中にトイレに行きたくなったとき、空腹を感じ、何か食べたくなったことはないだろうか。中にはそれが毎晩のように続き、過食してしまう人がいる。

 

 

コロナが発端で過食

 

 32歳の裕之は情報機器関連の会社に勤めている。コロナウイルスの影響で在宅勤務になり、共働きの妻も在宅になった。そのとき、妻は仕事をしているときの裕之の様子に驚いた。彼は家庭では無口で、家のことはしないタイプの男だったが、仕事では別人にように社交的でユーモアのある人間だった。それを見た妻は裕之に、家でも同じように振る舞ってほしいと言った。

 

 裕之は在宅勤務で仕事とプライベートの境がなくなったうえ、自宅でも職場と同じような態度でいてほしいと言われ、自由がなく、縛り付けられた感覚になった。飲みに行きたくてもコロナウイルスが怖いので外には出られず、その反動で夜中にドーナツやピザを食べるようになった。

 

 やがて、裕之はそれを繰り返すようになり、夜中にジャンクフードを食べないと寝付けなくなった。だが、睡眠は浅く、短時間しか眠れない。日中は仕事に集中できず、能率も上がらない。夜の過食で体重は10キロ増え、何もしたくない気分になることが多くなった。

 

 

 

 

夫婦不仲で過食

 

 38歳の美里は夫の母親が病気になり、同居したいと言ってきたことで、夫と口論になった。それ以来イライラして、夜はなかなか眠れず、夜中にテレビやビデオ、ユーチューブを見て時間をつぶすようになった。そのとき、ポテトチップスやクッキー、チョコレートなどを食べるのが止まらなくなった。

 

 らに状況はエスカレートし、コンビニで焼き肉弁当や天丼、おにぎりを買って食べるようにもなった。やがて夜中にお腹がいっぱいになるまで食べ続けなければ、気が済まなくなった。その影響で朝は起きられず、昼は何をする気にもならなかった。精神科に行くと、うつ病と診断された。

 

 

夜食への依存

 

 45歳の栄太は個人事業主で、建設関連の仕事をしている。ある夜、トイレに起きたとき、空腹になってアンパンを食べた。その後、夜中に食べるアンパンの味が忘れられなくなり、毎日のように食べるようになった。はじめは、アンパンで足りていたが、おぐらパン、白アンパン、うぐいすアンパンなど、さまざまな種類のアンパンが食べたくなった。

 

 うっかり買っていなかった場合は、夜中に車を出して深夜営業の店を探し回るようになった。食べたいアンパンが見つからず、夜が明けてしまうこともあった。彼は「夜中にアンパンを食べると、ほっとする感じがして」と言った。

 

 

>>>次ページにつづく

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ

 

 


 

 

●文/河田俊男(かわだ としお)
1954年生まれ。心理コンサルタント。1982年、アメリカにて心理療法を学ぶ。その後、日本で心理コンサルティングを学び、現在、日本心理相談研究所所長、人と可能性研究所所長。また、日本心理コンサルタント学院講師として後進を育成している。翻訳書に「トクシック・ピープルはた迷惑な隣人たち」(講談社)などがある。

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[ウィズコロナで変わる!? 私たちの働きかたとは?]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

外国人スタッフの定着と戦力化を図る/淺海一郎

[第5回「外国語としての日本語〜上司の言葉遣いが業務効率を左右する〜」]
採用した外国人スタッフに定着して、戦力として活躍してもらうために、企業が準備すべきことや、考えておかなければならないことなどを解説します。

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第17回「恥ずかしい気持ちは進歩への第一歩〜野村克也監督語録に学ぶ(5)〜」]
メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook