「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

人事労務関連ワード辞典

インクルージョン・ライダー

人事労務に関連するワード集です。基礎的なものからトレンドまで、さまざまなワードを解説します。(2021年5月6日)

直訳は「包摂条項」です。ハリウッドの映画業界で、俳優が契約を結ぶときの付帯条項を利用してダイバーシティを推進することを意味しています。

 

南カリフォルニア大学でメディアを研究しているステイシー・スミス教授が、2016年にTEDトークに出演したときに使った表現です。教授は映画業界におけるジェンダーの不平等について訴え、格差是正の解決策の1つとして示しました。2018年の米アカデミー賞授賞式で、主演女優賞に輝いたフランシス・マクドーマンドさんが受賞スピーチで紹介したことから広まりました。

 

付帯条項とは、俳優が控室に必ず用意してほしいものや、ケータリングで用意してほしい食べ物を伝えておくといった、言ってみればわがままのようなものです。インクルージョン・ライダーはその特権を利用して、制作会社に出演者やスタッフのダイバーシティの確保を要求することを指します。具体的には人種や性別、年齢などの比率です。

 

ダイバーシティの確保は、雇用する側が制度や仕組みを設けるのが一般的ですが、雇用される側が促進を図る新しい形と言えます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[改正理由から見る労働法の読み方]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

知識ゼロからのDX入門/渋屋隆一

[第2回「経営者に求められる3つの役割」]
近年、注目されているデジタルトランスフォーメーション(DX)について、言葉の定義から企業としての取り組み方まで、わかりやすく解説します。

繁盛店になる店舗マネジメント/岡本文宏

[第2回「視点を変える」]
店舗マネジャー、FCオーナーとして14年、商店主専門のビジネスコーチとして16年、合わせて30年間、現場に関わってきた著者が解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook