「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働ニュースに思うこと

改正理由から見る労働法の読み方

個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。(2021年5月6日)

< 1 2 >

改正が相次ぐ理由

 

 近年、労働法の改正が相次いでいます。今年4月1日には下記3つが施行されました。

 

・正規雇用労働者の中途採用比率の公表(労働施策総合推進法改正)
常時雇用する労働者が301人以上の企業は、「直近の3事業年度の各年度について、採用した正規雇用労働者の中途採用比率」を公表しなければならない。

 

・同一労働同一賃金全面施行(パートタイム・有期雇用労働法)
非正規労働者と正規労働者の不合理な待遇格差を禁止する法律。先行して大企業に施行されていましたが、中小企業にも適用され全面適用。

 

・65歳から70歳まで就業確保措置努力義務化(高年齢者雇用安定法)
現在定められている65歳までの雇用確保を70歳までとすることを努力義務化。

 

 改正が相次ぐ背景には、少子高齢化と人々の仕事観やライフスタイルの多様化があります。人口減少による労働力不足と、価値観の多様化に起因する働き方の課題を解消するため、労働行政は柔軟な雇用の確保と、さまざまな層に合わせた環境を整備する方向で動いています。これは裏を返せば、労働法のあり方が、現在の社会状況に適した仕様になっていないことによるものです。そのため、改正が求められるのです。

 

 

 

 

画一的な働き方をする集団

 

 では、労働法の仕様はどうなっているのでしょうか。そもそも労働法という名称の法律はなく、労働に関するさまざまな法律の総称のことを指します。
 労働法の中心となっているのは、1947年(昭和22年)に制定された労働基準法です。労働契約や賃金、就業時間、休息など、労働条件に関する最低基準が定められたものです。

 

 その労働基準法の前身と言えるのが、1916年(大正5年)に施行された工場法です。工場法は、主に工場で働く女子や年少者の労働を規制したものです。工場は、労働者が同じ時間・場所で、指示に従いながら働きます。画一的な働き方なので、規制も画一的なものでした。それを引き継いだ労働基準法は、同じ時間・場所で働く人たちを対象にしたものということになります。つまり労働法は、画一的な働き方をする集団の保護を根底にしています。

 

 

>>>次ページにつづく

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>
につづく

 

 


●文/三宅航太
2004年、株式会社アイデム入社。東日本事業本部データリサーチチーム所属。同社がWebサイトで発信する「人の戦力化」に関するコンテンツの企画・編集業務に従事する。さまざまな記事の作成や数多くの企業を取材。

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[改正理由から見る労働法の読み方]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

知識ゼロからのDX入門/渋屋隆一

[第2回「経営者に求められる3つの役割」]
近年、注目されているデジタルトランスフォーメーション(DX)について、言葉の定義から企業としての取り組み方まで、わかりやすく解説します。

繁盛店になる店舗マネジメント/岡本文宏

[第2回「視点を変える」]
店舗マネジャー、FCオーナーとして14年、商店主専門のビジネスコーチとして16年、合わせて30年間、現場に関わってきた著者が解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook