「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

人事労務関連ワード辞典

勤務間インターバル

人事労務に関連するワード集です。基礎的なものからトレンドまで、さまざまなワードを解説します。(2021年5月20日)

「勤務間インターバル」とは、勤務終了後、次の勤務までの間に一定時間以上の休息時間を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保するものです。

 

2018年6月29日に成立した「働き方改革関連法」に基づいて「労働時間等設定改善法」が改正され、「前日の終業時刻から翌日の始業時刻の間に一定時間の休息を確保すること」を事業主の努力義務として規定し、2019年4月1日より施行されました。

 

EU諸国では、原則として「24時間ごとに、最低でも連続して11時間の休息期間を設けること」が義務付けられています。休息期間としてあらかじめ11時間分を確保することにより、仕事に関する1日の拘束時間は13時間が上限とされ、結果として1日当たりの労働時間を制限することができます。

 

日本では勤務間インターバルの時間について、特に法律に明記はありません。ですが、休息時間(インターバル時間)を設定するにあたっては、(1)労働者の生活時間、(2)労働者の睡眠時間、(3)労働者の通勤時間、(4)交替制勤務等の勤務形態や勤務実態等を十分に考慮し、仕事と生活の両立が可能な、実効性のある休息が確保されるよう配慮することが求められます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[いつ求人を出せばいい?〜コロナ禍1年のデータから予測する2021年後半〜]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

繁盛店になる店舗マネジメント/岡本文宏

[第3回「企業文化で高い定着率を実現する小児歯科」]
店舗マネジャー、FCオーナーとして14年、商店主専門のビジネスコーチとして16年、合わせて30年間、現場に関わってきた著者が解説します。

知識ゼロからのDX入門/渋屋隆一

[第3回「まずはIT環境を整えよう」]
近年、注目されているデジタルトランスフォーメーション(DX)について、言葉の定義から企業としての取り組み方まで、わかりやすく解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook