「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

人事労務関連ワード辞典

定年制

人事労務に関連するワード集です。基礎的なものからトレンドまで、さまざまなワードを解説します。(2021年10月12日)

定年制とは、企業や公務に勤める労働者が一定の年齢に達したときに労働契約が終了する制度のことです。定年年齢は、就業規則や労働協約などで定めます。

 

今年(2021年)4月に施行された改正高年齢者雇用安定法では、従業員の70歳までの就労確保を努力義務とする規定が盛り込まれました。現在、同法では60歳未満の定年が禁止され、事業主には65歳までの雇用確保を義務づけています。定年を65歳未満に定めている事業主は、「定年廃止」「65歳までの定年引き上げ」「65歳までの継続雇用制度を導入」のいずれかを実施しなければなりません。2025年4月には、現行60歳の定年が65歳に引き上げられることが決まっています。

 

9月、業界団体のセミナーに登壇したサントリーホールディングスの新浪剛史社長が、これからの日本経済の活性化策として45歳定年制に言及したことが物議を醸しました。終身雇用や年功賃金制などの従来型の日本の雇用慣行から脱却する必要があり、45歳定年制によって成長市場への労働移動などを促すことで組織の新陳代謝を図れるのではないか、という主旨だったようです。

 

45歳定年制の是非はともかく、企業が少子高齢化による労働力不足や変化のスピードが著しい現代の経済環境に対応していくには、柔軟な人員体制がとれるように旧来型の雇用システムを見直す必要があると言えます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

マンガ・ワーママ人事課長キノコさん

[第43回「休職中に別の会社でバイトしていいの?」]
難しい労働関連の法律や、雇用や働き方に関する社会の動きなどを、親しみやすいマンガで分かりやすく解説します。

マネジャーの仕事〜チームが機能するヒント〜/田中和彦

[第7回「やる気は一瞬にして上がりもするし、下がりもする」]
人材育成や評価、意思決定など、マネジャーにはさまざまな役割が求められます。マネジャーに必要な視点や考え方、心の持ち方などについて考察します。

イキイキ働くためのメンタルコントロール〜自衛隊メンタル教官に学ぶ〜/下園壮太

[第7回「事故を目撃した後、不調になった」]
メンタルコントロールは仕事の成果や自己成長につながる重要なスキルです。ビジネスシーンでわき起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook