「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

シゴトの風景

第61回「問題社員の扱い方」

働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

< 1 2 >

 業務用食材を扱う卸会社に勤務する北村修二さん(仮名・42歳)は、支店の営業部に所属している。営業部は4つのチームに分かれており、北村さんは4人の部下を抱えるチームリーダーだ。

「リーダーになって、5年くらいになります。いろいろなトラブルがあり、対応に悩むこともあります。言いたくないことを言わなければならないときもありますが、相手を尊重することを心がけています」

 

 最近、苦労したのは1年前に異動してきたAさんだ。

「Aさんは、社歴は僕のほうが古いですが、年齢は一回り上です。プライドの高い人で、ほかの支店からやってきました。異動初日からチームのミーティングでえらそうなことを言ったり、オフィスにいるときはしょっちょう喫煙室にタバコを吸いに行くので、みんなからすぐに嫌われていました」

 

 

 Aさんは仕事をさぼりがちだった。オフィスのデスクで、勤務時間中にスマホのゲームをしているところを注意したこともあった。
「若手メンバーに、“Aさんが仕事中にゲームをしているので、注意してください”と言われたんです。自分の席からは見えないので、Aさんの隣に座っている部下にゲームをしているときに合図をしてもらい、現場を押さえました。叱り方は気を使いました。肩もみをしながらAさんのスマホをのぞきこんで、明るい調子で“仕事中ですよ〜。○○さん、しっかり働きましょうね!”という感じです」

 

 だが、Aさんは懲りたわけではなかった。今度は、チームで当番制にしている倉庫での作業中にさぼって、ゲームをしていたのだ。そのとき、北村さんはさすがに頭にきたという。
「仕事中、ずっと張り詰めていることはできません。なので、適当に休んだり、さぼってもいいと思っています。ただ、人目につかないようにしてほしいと思います。Aさんには二度目の注意であることを怒り、“せめて分からないようにやってくれ”と言いました。Aさんもさすがに反省したのか、平謝りでした」

 

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

 


 

 

 

●取材・文/三宅航太
株式会社アイデム人と仕事研究所 研究員。大学卒業後、出版社の営業・編集、編集プロダクション勤務を経て、2004年に株式会社アイデム入社。同社がWEBで発信するビジネスやマネジメントなどに役立つ情報記事の編集業務に従事する。人事労務関連ニュースなどの記事作成や数多くの企業ならびに働く人を取材。

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

【企業に聞く】人が活きる組織

[学校法人甲子園学院/内部改革のカギは、理念の共有]
やる気を引き出す仕組みや教育制度などの人事施策や、働きやすい職場環境の実現など、人に関する企業事例を紹介します。

問いから考えるパートアルバイト採用・定着

[第1回「社員とパートアルバイトの違い」]
パート・アルバイトスタッフを「いかに採用し、定着させるか」について、押さえなければならないポイントや、施策を考えるヒントなどを解説します。

人材育成のツボ

[評価と人材育成はセットで行う]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook