「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデムオリジナル調査

新人に元気よく働いてもらう秘訣

パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、当研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。

< 1 2 >

 新年度がスタートして、半月あまりが過ぎました。新卒社員を迎えた企業もあると思いますが、4月初めにインターネット上で、ある単語が注目を集めました。ツイッターのホットワード(※1)で、「懲役40年」という単語が上位にランクインしたのです。つぶやいたのは、新卒社員と思われるツイッターユーザーたちです。懲役とは、これから始まる社会人生活を揶揄したものであり、不安の表れとも言えます。

 

※1ツイッターで多くのユーザーによって、頻繁につぶやかれているワードのこと。例えば、最新のニュースやテレビ番組に登場した芸能人など、多くのユーザーの関心を引いた出来事や人がホットワードとなる。

 

 学生たちは、社会に出ることをどう考えているのでしょうか。アイデム人と仕事研究所では、就職活動を行う学生を対象にしたアンケート調査を実施しています。社会人になることについて、調査した結果を見ていきたいと思います。

 

 

 

社会人は楽しいか?

 

 当研究所で行った「2017年3月卒業予定者の就職活動に関する学生調査(2017年1月15日状況)」では、学生に「社会人になることをどう感じているか」、聞きました。調査対象は今春、新卒社員となったであろう学生たちです。

 社会人になることを「楽しみ」(「楽しみ」+「どちらかと言えば楽しみ」)と答えた学生は60.8%でした(図1)。

 

 

●図1:社会人になることをどう感じているか

 

 

 回答した学生の入社予定企業を従業員規模別に見ると、「3,000人以上」の企業に入社予定の学生は、「楽しみ」の割合が7割を超えていました。「3,000人以上」の規模の企業に入社予定の学生は、「志望通りの業界・職種か?」を聞いた調査で、志望通りの企業に入社予定の人が多かったため、入社後の期待感もより膨らんでいるのかもしれません。

 

 

>次ページ

◆自分の自由時間が減る

◆生産性向上のカギ

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

 


 

 

 

●文/三宅航太
アイデム人と仕事研究所 研究員。大学卒業後、出版社の営業・編集、編集プロダクション勤務を経て、2004年に株式会社アイデム入社。同社がWEBで発信するビジネスやマネジメントなどに役立つ情報記事の編集業務に従事する。人事労務関連ニュースなどの記事作成や数多くの企業ならびに働く人を取材。

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

シゴトの風景

[第62回「夢と現実」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

問いから考えるパートアルバイト採用・定着

[第2回「採用ターゲットを明確にする」]
パート・アルバイトスタッフを「いかに採用し、定着させるか」について、押さえなければならないポイントや、施策を考えるヒントなどを解説します。

人材育成のツボ

[「日常」と「ビジネス」でのコミュニケーションの差!?]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook