「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデムオリジナル調査

働きやすさを求めるのは、辞めたくないから?

パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、当研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。

< 1 2 3 4 >

 日々のニュースの中に、この言葉が出なかった日はいつだったろうというほど、問題となっている過労死。今や海外でも「karoshi」で通じてしまいます。これとセットでよくでてくるのが「長時間労働」「過重労働」です。新入社員だった女性が長時間労働で自殺に追い込まれたり、最近では、半年で休日が5日未満だった方が亡くなってしまった事件が、記憶に新しいと思います。

 

 近年はワーク・ライフ・バランスや働き方改革等、「働きやすさ」が重要視されています。自社サービスの縮小や営業時間の短縮など、労働者の負担を和らげるとともに、時間当たり労働生産性を上げようという試みも増えています。求人倍率が上がり、ますます採用が難しくなってきた中で、今働いてくれている方々に働きやすい環境を整えることで、離職を減らす目的もあるでしょう。

 

 「働きやすさ」を求める傾向は、現在働いている人だけにとどまらず、今後社会人になる就活生にも表れています。今回は「働きやすさ」とは具体的にどういうことを指すのか等を、就職活動に関する学生調査等を用いて紹介します。

 

 

 

働く上で大切にしたいもの

 

 2018就職活動に関する学生調査(2017年2月1日状況)では、学生に「給与の高さ」「仕事の内容」「働きやすさ」の3つのうち、働く上で大切にしたいと思うものを1つ挙げてもらいました。その結果、「給与の高さ」10.3%、「仕事の内容」33.6%、「働きやすさ」56.1%となり、「働きやすさ」に重きをおきたいと考えている学生が最多となりました(図1)。

 

●図1:働く上で大切にしたいもの

 

 2016年卒の学生から「働きやすさ」が最多ですが、2018年卒予定の学生は特にその傾向が強く、「仕事の内容」と20ポイント以上離れています。これまでの学生以上に、自身の働きやすさを重視した仕事選び・企業選びをしている方が多いようです。

 

 

>次ページ
◆働きやすさとは、具体的に何を指すのか?
◆最多は、過去3年間の新卒採用者数・離職者数
◆公表できないほど、悪い状況なのか?

 

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

 


 

 

 

●文/関 夏海(せき なつみ)
2014年、株式会社アイデム入社。同年8月、人と仕事研究所に配属。賃金に関する統計・分析を担当。人と仕事研究所WEBサイトで発信している労働関連ニュースの原稿作成なども行っている。

< 1 2 3 4 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

シゴトの風景

[第65回「第一志望の会社は、今?」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

問いから考えるパートアルバイト採用・定着

[第4回 新人トレーニングの主目的は「退職防止」]
パート・アルバイトスタッフを「いかに採用し、定着させるか」について、押さえなければならないポイントや、施策を考えるヒントなどを解説します。

人材育成のツボ

[今どきの新入社員とメンタルヘルス]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook