「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

シゴトの風景

第68回「社内女子会の憂鬱」

働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

< 1 2 >

 メーカーの品質管理部門に勤務する相澤真知子さん(仮名・31歳)は、上司が主催する休日の女子会に苦い思い出がある。

 

「家族や友人は“休みなんだし、そんなの行かなければいいのに”と言いますが、行かないと社内で話題についていけなくなります。女子だけの部署なので、浮いてしまうのが怖いんです」

 

 相澤さんは理学部の大学を卒業後、今の会社に新卒で入社した。営業部を経て、品質管理部に配属になったが、その翌年、会社が国内資本の大手A社と合併。相澤さんの部署には「バリキャリ系」の女性上司が配属された。

 

「合併といっても、うちの会社のほうが小さかったので、やり方も何もかも変わるのだろうと覚悟していたのですが、業務内容に大きな変化はありませんでした。意表をつかれたのは、女子会です。上司はコミュニケーションの一環だとかいって、月に1回、休日の土曜日の夜にホームパーティーを開き始めたのです」

 

 

 

 

 参加は強制ではないといいながら、品質管理部門の総勢10数人のうち8割は参加している。会費は3,000円で1人1品持参というルールまでつけられた。

 

「私は料理が得意じゃないので、毎月、チョコレートなどのお菓子を持っていきます。ほかの子は煮物とか、手作りクッキーとか、女子力の高い一品を持っていきます。着ていく服や身につける小物も迷います。20代後半から30代後半の女子の集まりなので、話題はおのずと恋バナと社内の人間関係のうわさ話ばかりです…」

 

 相澤さんは律儀に毎月参加している。来なかった人に対する風当たりは強く、自分が休んだときのことを想像すると、何を言われているのが分からず怖いのだ。

 

「参加しない子に対する悪口はひどいものばかりです。“あのブス、仕事できないくせに”とか、“あの子の服の趣味はありえないよね”と言いたい放題。そのうえ、“あの子は営業部の誰それと社内不倫してるみたい。2人で腕を組んでいるところを見かけた人がいるのよ”と、うそか本当かも分からないうわさを立てられたりもします。ホームパーティーがあることによって、参加者との結束は固くなり、不参加者との溝は開いてしまうのです。私はそれで大切な同僚と疎遠になってしまいました」

 

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

アイデムオリジナル調査

[パート採用の成否は、職場のムード(雰囲気)しだい?]
パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、当研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。

マネジメント悩み相談室/田中和彦

[第20回「育休明けの時短勤務社員に対しては、生活を守り切る姿勢を」]
マネジメントに関する悩みについての解決策を示したり、対処法などを解説します。

わかりやすい仕事の教え方/林博之

[第8回「育成ゴール」に向けてどんな仕事を与えるか?]
誰に対しても応用できる仕事の教え方について、わかりやすく解説します。教え方を学ぶことは、人材育成や定着の施策を考える上でも有効です。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook