「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

実務で役立つ労働法/田代英治

第11回 時間外労働に関する協定(36協定)の特別条項

労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。

 長時間労働是正が求められる中、時間外労働に関する協定(36協定)の重要性が再認識されています。今回は、36協定の「特別条項」に関する留意点についてまとめてみます。

 

 

<特別条項付き協定>

 業務の都合で、臨時に限度時間(1カ月45時間、1年間360時間。ただし1年単位の変形労働時間制の場合は、1カ月42時間、1年間320時間)を超えて、時間外労働を行わせる場合は「特別条項付き協定」を締結します。要件としては次の事項があげられます。

 

(1)特別の事情等

 一時的または突発的な事由であり、36協定に定める限度時間以内の時間外労働の事由より限定的であり、かつ1年に6回を超えないことが必要です(下記は厚労省のリーフレット例です)。

 

・認められるもの

予算・決算業務、納期のひっ迫、大規模クレーム対応、機械のトラブル対応

 

・認められないもの

(特に事由を限定せず)業務繁忙なとき、会社が必要と認めるとき

 

 

 

 

(2)労使協議の手続き

 特に制約はなく、特別条項を適用する場合は必ず決めた手続きによらなければなりません。手続きなしで労働時間を延長した場合は法違反となります。

 

(3)特別延長時間

 限度時間は示されてなく、労使の自主的協議に委ねられています。しかし、過重労働による健康障害を防止する観点から、過労死ラインとなる労働時間(1カ月100時間、2〜6カ月を平均して月80時間)を参考に、長時間労働とならないように留意しなければなりません。また特別延長時間を、できる限り短くするよう労使で努めることとされています。

 

(4)限度時間を超える時間外労働の割増賃金率

 限度時間を超えて働かせる一定の  期間(1日を超え3カ月以内の期間、1年間)ごとに、割増賃金率を定めなければなりません。法定の割増率(2割5分)を超えるよう努めるものとされています。

 

 

<その他>
 36協定は、締結・届出で完了ではありません。労働者に内容を周知する必要がありますので、ご注意ください。今後、36協定は現行の限度時間や特別条項の延長時間に一定の制約を課し、罰則規定を設けるなど、規制強化の可能性が高いため、法改正の動向を注視する必要があります。

 

 


 

 

 

●文/田代英治(たしろ えいじ)
社会保険労務士。株式会社田代コンサルティング代表取締役。神戸大学経営学部卒。企業の人事制度の構築や運用、人材教育などに取り組む。著書に「人事部ガイド」(労働開発研究会)、専門誌への寄稿など執筆実績多数。
http://tashiro-sr.com/

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

シゴトの風景

[第81回「社長からのメール」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

人材育成のツボ

[実は簡単? 驚くほど仕事がうまくいく「聴き方」]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。

ゼロから学ぶ人事評価/真田直和

[第3回「現実にあった制度の作り方〜現状分析編〜」]
人事評価制度は運用が難しかったり、形骸化するなど、実際に機能させるのは簡単ではありません。本コーナーは、実際の運用を念頭に置いた制度作りをゼロから解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook