「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 「『労働運動を切り拓く』(女性たちによる闘いの軌跡) 出版記念シンポジウム」を開催(連合総研)

「『労働運動を切り拓く』(女性たちによる闘いの軌跡) 出版記念シンポジウム」を開催(連合総研)

公益財団法人 連合総合生活開発研究所は、今後の労働運動を担っていく女性組合リーダーたちへの提言を行うことを目的として、連合結成以前の女性労働運動に直接的に関わってきた女性組合リーダーへの聞き取り調査による、これまでの女性労働運動の評価と課題の整理を行うため「戦後労働運動の女性たち〜闘いの歴史と未来への提言」研究委員会を立ち上げた。

 

その問題意識は、\鏝紊力働運動のなかで、女性たちが具体的にどのような運動を進めてきたのかについて総括的な文献は少ないこと、∀働運動史の中でも女性による労働運動は部分的な扱いに留まっていること、O合結成以前の女性労働運動に直接的に関わってきた女性組合リーダーも少なくなりつつあり、関連資料も散逸する恐れがあること、げ甬遒僚性組合リーダーの経験や女性労働運動の歴史的成果が、必ずしも産別や単組などの女性組合リーダーや労働組合に参画する女性たちに十分に引き継がれていないこと、等にあった。

 

今般、本研究の成果について、女性リーダーに限らず、労働運動に携わる多くの関係者にも読んでもらうため研究報告書ではなく書籍として刊行することとした。

また、本書を広く内外に発信・共有化するため、連合との共催にてシンポジウムを開催する。

 

日時:2019年1月29日(火)14:00〜16:00(13:30〜受付開始)
会場:全電通労働会館「多目的ホール」
参加費:無料

 


詳しくは公益財団法人 連合総合生活開発研究所のWEBサイト

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[今、話題の「アンガーマネジメント」研修を受講しました]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。

シゴトの風景

[第84回「左足を失って気づいたこと」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

ゼロから学ぶ人事評価/真田直和

[第6回「現実にあった制度の作り方〜評価運用編〜」]
人事評価制度は運用が難しかったり、形骸化するなど、実際に機能させるのは簡単ではありません。本コーナーは、実際の運用を念頭に置いた制度作りをゼロから解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook