「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 初任給を据え置いた企業は、前年に対し9.6ポイント増の65.7%−2021年度 決定初任給調査(産労総研)

初任給を据え置いた企業は、前年に対し9.6ポイント増の65.7%−2021年度 決定初任給調査(産労総研)

産労総合研究所は、「2021年度 決定初任給調査」の結果を公表した。
本調査は1961(昭和36)年より毎年実施しているもの。調査時期は2021年4月〜5月、329社から回答を得た。
 
【結果のポイント】
◆2021年4月入社者の初任給を「引き上げた」企業は29.8%(2020年度調査39.7%)、「据え置いた」企業は65.7%(同56.1%)で、引き上げた企業がおよそ1割減少し、ここ数年の初任給高騰にブレーキがかかっている
 
◆企業規模別に「据え置いた」企業の割合は、1,000人以上企業が60.5%、300〜999人企業が59.8%、299人以下企業が72.6%となり、中小企業での割合の高さが目立つ
 
◆初任給を引き上げた理由は、「人材を確保するため」の61.2%が最多。据え置いた理由では「現在の水準でも十分採用できる」54.2%が最多となった(複数回答)
 
◆学歴別の決定初任給額は、職種やコースによる格差がなく、一律に決定している企業の場合、大学卒で209,884円、高校卒で172,025円だった
 
◆新入社員に対して「何らかの夏季賞与を支給する」企業は全体の8割を超え、83.3%。夏季賞与・一時金の平均支給額は、大学卒で91,117円、高校卒で73,276円となっている
 
 

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[私のチラシは受け取らず、先輩から受け取ったワケ]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

ココロの座標/河田俊男

[第66回「ブラック企業のグレー従業員」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

monthly雇用情勢リポート

[有効求人倍率1.15倍、2カ月連続で改善]
最新の雇用指標や景気の動きなどをもとに、雇用・労働市場の動向をリポートします。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook