「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

新着情報

  • 新着情報一覧
  • 1月5日の「大阪日日新聞」で、「子供のキャリア観と親の働く姿に関する調査(小学校1年生―高校3年生 比較編)」のデータが紹介されました。

1月5日の「大阪日日新聞」で、「子供のキャリア観と親の働く姿に関する調査(小学校1年生―高校3年生 比較編)」のデータが紹介されました。

1月5日の「大阪日日新聞」で、「子供のキャリア観と親の働く姿に関する調査(小学校1年生―高校3年生 比較編)」のデータが紹介されました。

 

〜キャリア教育 働く親の姿が影響〜

 

 人材サービス会社アイデム(東京)は、親の働いている姿を「見たことがある」子どもは、将来働くことを楽しみに感じている傾向にあるという調査結果を発表した。

 調査はインターネットで行い、小学1年〜高校3年の子どもと一緒に回答できる男女3489人が回答。将来働くのが楽しみと答えた子どものうち、高校1〜3年では父親の働く姿を「見たことはある」は75.7%に達し、「見たことはない」の58.0%を大きく上回った。

 「アイデム人と仕事研究所」の古橋孝美主任は「子どもが将来を考えるときには、身近な大人の働く姿が大きく影響する。大人が自身の働くことについて振り返り、考えることが必要ではないか」と指摘する。

 

調査本文はコチラ

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[「定」の字がなくなる働き方が到来?]
アイデム人と仕事研究所の所員が、労働関連のニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第22回 時間外労働の上限規制(2)]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。

monthly時事トピックス

[外国人が起業しやすい新たな制度を創設]
人事労務関連のニュースの中から、注目しておきたいものや社会の動向を捉えたものなどを月ごとにピックアップしてご紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook