「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

人事コレで委員会

仕事の疲れ、ミスにつながっていませんか?

年末に向け、仕事量が増えるとともに溜まっていく“疲れ”。仕事で取り返しのつかない失敗をする前に、その疲れを解消する工夫や仕事の取り組み方を解説します。

< 1 2 3 >

2011年3月1日〜3月31日の1ヶ月間、弊社WEBサイト「ブログ人事コレで委員会」にいただいたコメントをもとに書かれた記事です(「ブログ人事コレで委員会」は2012年3月末日に終了しました)。


☆はじめに

 疲れすぎの失敗、みなさん結構多いですね。この時代、企業は生き残りのためにあらゆる効率化を進めており、社員への負荷は増えるばかりです。なかなか楽はさせてくれません。疲れきってしまうまで自分の体を酷使した結果、病気になったり、仕事で失敗をしても、誰も助けてくれないばかりか、同僚や家族にも大変な迷惑・心配をかけることになってしまいます。

 こんな時こそ、

”自分の体は自分で守る

ということが大切です。体を壊したり、取り返しのつかない大失敗をしてからでは遅すぎます。ここで、自分の体を自分で守るための4つのポイントをお伝えしたいと思います。


☆自分の状態をチェック

 今までの記憶のなかで、一番つらく、大変だったときの状態を“10”としたときに、今のあなたの体の状態はいくつですか?

 “3〜4” ・・・楽をしすぎ。もっと仕事をしたほうが良いかもしれません。
 “6〜7” ・・・絶好調 仕事の能率がアップします。
 “8以上”が何日間も続いていたら・・・要注意。まずは休憩が必要です。

 自分の限界を超えたまま仕事を続けてしまい、自分の体調をコントロールできなくなってしまう人が意外に多いのです。

 また、あなたは、自分の最適な体重や、血圧などを知っていますか?
 自分の状態を時々測定し、把握・チェックすることは、とても大切なことです。自分の状態を把握できなければ、どうしたらよいのか対策はとれません。つまり、仕事と同じように、自分の体のPDCA(プラン・ドゥ・チェック・アクション)のサイクルを回すということが大切なのです。


※次ページ以降の閲覧には、
会員登録(無料)が必要です。



ご意見番 平山 浩一郎 氏平山 浩一郎 氏
株式会社マベリックトランスナショナル代表取締役社長
77年に東京大学工学部化学工学科卒業後、昭和電工蠅貌社(84年スタンフォード大学大学院化学工学修士、オペレーションズ・リサーチ修士)。88年からボストン・コンサルティング・グループ。95年からジョンソン・エンド・ジョンソンに移り、医療機器分野やリハビリテーション分野の新規事業開発を担当する。01年に螢泪戰螢奪トランスナショナルを設立、現在に至る。
※マベリックは、企業や自治体に対して、メタボリックシンドローム対策や、メンタルヘルスケア対策など“健康づくり”の企画・立案・実行支援を行う、健康支援のパイオニア企業。医師、保健師、臨床心理士、産業カウンセラー、管理栄養士、健康運動指導士等、各分野の専門スタッフをパートナースタッフとしてネットワークし、顧客のニーズに応じて、コーディネートしながらプログラムを実施している。 http://www.maverick-group.co.jp/
< 1 2 3 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働トラブルの予防線

[賃金トラブルになりがちな4事案]
人事労務に関するトラブルは、労働者と雇用主の双方にとって負担となります。職場でトラブルになりがちなことについて、予防の観点から解説します。

【企業に聞く】人が活きる組織

[株式会社ウィローズ/ホワイト経営で、高い定着率と過去5年平均150%強の業績アップを実現]
やる気を引き出す仕組みや教育制度などの人事施策や、働きやすい職場環境の実現など、人に関する企業事例を紹介します。

しごとごはん/中野ヤスコ(管理栄養士・調理師)

[何を食べるかより、「いつ」食べるか〜食事と生活のリズムを見直す〜]
働く人の体やメンタルの不調を改善したり、健康を維持するための食事やレシピなどを紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook