「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

人材育成のツボ一覧

  • 人材育成のツボ一覧

教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。

2021年05月13日NEW2021新入社員が最も期待するのは「適切な〇〇」
   4月も終わりGWも過ぎると、新入社員に関する様々なエピソードがSNSなどに投稿され始めます。中にはとんでもないエピソードも…。新入社員は失敗しなが…続きを読む
この記事のキーワード
2021年04月08日トラブルメーカーだった私が仕事を続けられた理由
 毎年4月になると、苦い新入社員時代を思い出します。みなさまはどのような新入社員だったのでしょうか。私は新卒の時に自動車販売店で働いており、迷惑ばかりかける…続きを読む
2021年03月11日朝礼のススメ
 唐突ですが、皆さんの職場では毎朝朝礼を行っていますか? 今回は、朝礼の効用について考えてみたいと思います。「え? 今の時代に朝礼って??」と、お感じになら…続きを読む
この記事のキーワード
2021年02月12日「最近の若者は…」と言う前に!〜新入社員の受け入れ準備はできていますか?〜
 3月から4月にかけて、新卒の新入社員はビジネスマナーや仕事の仕方、コミュニケーションなどについて研修で学び、初めての仕事に備えて準備をします。    一方…続きを読む
この記事のキーワード
2021年01月14日研修の成否は、実施前に決まる
 皆さまは、社会人になって初めて研修を受講するときに、どんな気持ちだったでしょうか。「不安・期待・面倒・楽しみ・厳しそう・眠くなりそう…」など、様々な…続きを読む
この記事のキーワード
2020年12月03日人材の成長は、仕事が9割!?〜研修の位置付けを再考する〜
製造現場で若い社員が活躍できる理由    製造工場の生産職に従事する高卒若手社員研修(新人〜5年目)を担当して13年目。当初は、若手リーダーの育成が急務でし…続きを読む
この記事のキーワード
2020年11月05日ビジネスに活かせる! 5歳児に学ぶ発想転換力
 私にはもうすぐ5歳になる娘がいます。つい先日、娘の行動に驚き、成長を感じたエピソードがありました。それと同時に、「仕事でも大切なこと」を娘に気づかせてもら…続きを読む
この記事のキーワード
2020年10月08日チームにおける「ナンバー2」の重要性
 ある俳優が出演していることで上映が危ぶまれましたが、2020年11月に上映予定の映画『十二単衣を着た悪魔』。私は以前、内館牧子さんが書いた原作を読み、ファンにな…続きを読む
この記事のキーワード
2020年09月10日オンラインだからこそできる研修とは?
 新型コロナウイルス感染拡大防止の影響もあり、オンライン研修のご相談を受けることが増えました。導入を検討したいけれど集合研修と同様のオンライン研修ができるの…続きを読む
この記事のキーワード
2020年08月06日リモート時代の部下指導について考えてみた
 管理職にとって直属の部下への指導や助言は、いつの時代にも絶対に欠かすことができない重要な役割です。    現在も終息していない新型コロナウィルスの感染拡…続きを読む
< 1 2 3 4 5 >

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[改正理由から見る労働法の読み方]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

知識ゼロからのDX入門/渋屋隆一

[第2回「経営者に求められる3つの役割」]
近年、注目されているデジタルトランスフォーメーション(DX)について、言葉の定義から企業としての取り組み方まで、わかりやすく解説します。

繁盛店になる店舗マネジメント/岡本文宏

[第2回「視点を変える」]
店舗マネジャー、FCオーナーとして14年、商店主専門のビジネスコーチとして16年、合わせて30年間、現場に関わってきた著者が解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook