「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働ニュースに思うこと一覧

  • 労働ニュースに思うこと一覧

個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

2024年04月04日相次ぐ企業の初任給アップ、給料は誰からもらうの?
働く目的は「お金を得るため」  時事通信の調査によると、2024年春の新卒社員の初任給について、国内主要企業100社の6割が引き上げを決めたことが分かりました。大手…続きを読む
この記事のキーワード
2024年03月12日荷物が届かない? ドライバーの時間外労働規制〜2024春の法改正直前一挙見(2)〜
2024年4月も盛りだくさん!人事労務に関する法改正  毎年4月は、多くの法改正が施行されます。今回は、主に人事労務分野(募集・採用・雇用管理)に関連する法改正に…続きを読む
この記事のキーワード
2024年03月07日過去の求人原稿は流用できない?〜2024春の法改正直前一挙見(1)〜
2024年4月も盛りだくさん! 人事労務に関する法改正  毎年4月は、多くの法改正が施行されます。今回は、主に人事労務分野(募集・採用・雇用管理)に関連する法改正に…続きを読む
この記事のキーワード
2024年02月08日5年後の平均時給を予測する
東西エリア全体平均時給は1,200円を超えてきている  アイデムでは、弊社媒体を利用して公開された求人情報をもとに、毎月パート・アルバイトの平均時給レポートを公開…続きを読む
この記事のキーワード
2024年01月11日年収の壁・支援強化パッケージで労働力不足は解消するのか?
 厚生労働省の資料によると、会社員・公務員の配偶者に扶養され、自身の保険料負担がない「第3号被保険者」のうち、約4割が就労しています。その中には、一定以上の収…続きを読む
この記事のキーワード
2023年11月30日ホントに働き損なのは誰?〜年収の壁問題と公平性〜
夫が働いて妻を扶養する  現在の深刻な人手不足に対応するため、厚生労働省は「年収の壁」問題の緊急避難策として「年収の壁・支援強化パッケージ」を発表しました。1…続きを読む
この記事のキーワード
2023年11月02日シン・ビジネスマナーを考える
 日本経済新聞社によると主要企業の大卒内定者(2024年春入社)が2023年春の入社数に比べ7.4%増というニュース。昨今の人材不足を反映して、新卒採用も各企業の競争…続きを読む
2023年10月05日9月1日改正、心理的負荷による精神障害の労災認定基準
 厚生労働省では「心理的負荷による精神障害の認定基準」を9月1日付で改正しました。業務によって精神障害を発病された方に対して、改正後の本基準に基づき、一層迅速…続きを読む
この記事のキーワード
2023年09月07日正社員初任給が最賃割れ!? 混乱必至の2023最低賃金
時給1,000円超なんて、アラフォーの私には憧れの高時給 「私が学生の頃はバイト時給800円だったな…」 「それ、いい方じゃん!俺なんて680円だったよ!」  最低…続きを読む
この記事のキーワード
2023年08月03日カップ麺は1.3倍? 最賃1,000円超でも実質は… 〜最賃1,000円を目指し始めた2016年との比較〜
 地域別最低賃金の引き上げ目安額が決まりました。Aランク地域の引き上げ目安は過去最高額となる41円、これにより全国加重平均は1,002円となり、ついに1,000円を超え…続きを読む
この記事のキーワード
< 1 2 3 4 5 >

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

ココロの座標/河田俊男

[第97回「仕事が遅い理由」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

事例で考える困ったときのマネジメント対応/山田真由子

[第1回「セクハラを受けていると相談されたら」]
働き方や価値観が多様化する中、マネジメントは個別対応が求められています。さまざまな事例から、マネジャーに求められる対応を解説します。

人材育成のツボ

[組織の生産性向上へのカギ、「EQ」について考える]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook