「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働ニュースに思うこと一覧

  • 労働ニュースに思うこと一覧

日々、流れてくる、労働関連の多彩なニュース。本コラム欄では、人と仕事研究所の所員が、そうしたニュースに触れて「思うこと」を、持ち回りで執筆します。

2017年09月06日ケーキは食べたらとっておけない〜共働き増加で求められる両立支援〜
共働き世帯、専業主婦世帯の約1.7倍    料理関連の書籍で、数年前から作り置きをテーマにした本がブームになっています。書店の料理書コーナーには作り置きのレ…続きを読む
この記事のキーワード
2017年08月02日人手不足時のキャリア形成をどう考えるか?
 先日発表された6月の有効求人倍率で、正社員に限った倍率は1.01倍となり、2004年11月の集計開始以来、初めて1倍を超えました。働きたい人は職を探しやすいですが、企…続きを読む
この記事のキーワード
2017年07月05日「時間外労働の上限規制」は、長時間労働を減らせるか?
 今年の3月28日、働き方改革実現会議が首相官邸で開かれ、「同一労働同一賃金など非正規雇用の処遇改善」や「罰則付き時間外労働の上限規制の導入など長時間労働の是…続きを読む
この記事のキーワード
2017年06月07日貴社の男性社員の奥さんも、誰かの同僚です
待機児童ゼロ達成はムリだった    5月31日、政府は2013年度に掲げた「2017度末までに待機児童ゼロ」の目標達成を、3年間後ろ倒し(2020年度末まで)にすることを…続きを読む
この記事のキーワード
2017年05月10日人手不足解消の糸口は、理想の会社を考えること
宅配ドライバーの人手不足    2016年末より宅配最大手、ヤマト運輸のドライバーの業務過多や人手不足の問題が報道され、注目を集めています。業務過多の主な原因…続きを読む
この記事のキーワード
2017年04月05日無期転換ルールは、雇用のあり方を変えるか?
 無期転換権の本格的な発生(平成30年4月以降)は、今までの雇用のあり方に変化を及ぼすのでしょうか。人と仕事研究所で行なった調査をもとに考えてみたいと思います…続きを読む
2017年03月08日定着率と組織行動力の関係
 先般、大手宅配業者の労働組合が、春季の労使交渉で、宅配便の取り扱い数の抑制を会社側に求めました。インターネット通販の拡大と人手不足を背景に、宅配サービスの…続きを読む
この記事のキーワード
2017年02月08日これからは労働者保護から“働く人”保護へ?〜クラウド・ワーキングから考える〜
<『働き方の未来2035』>    「●●年後になくなる仕事はこれだ!」「××年後には、仕事の△△%がロボットに代替される!」――インターネットのニ…続きを読む
この記事のキーワード
2017年01月11日パートタイマー白書から見えた「女性活躍推進」
 昨年4月1日に施行された「女性活躍推進法」。労働者301人以上の企業に、「自社の女性の活躍状況を把握し、課題分析を行うこと」、「その結果を踏まえて、女性の活躍…続きを読む
2016年11月30日新卒採用、「採用選考の指針」は窮屈?
採用選考の指針、「ほとんど守られていない」54.6%    11月15日に、日本経済団体連合会(以下、経団連)から「2016年度 新卒採用に関するアンケート」が公表さ…続きを読む
この記事のキーワード
< 1 2 3 4 5 >

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

シゴトの風景

[第66回「会社倒産で、経営者から一般社員に」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

問いから考えるパートアルバイト採用・定着

[第6回 パートのボス化を防ぐ極意]
パート・アルバイトスタッフを「いかに採用し、定着させるか」について、押さえなければならないポイントや、施策を考えるヒントなどを解説します。

人材育成のツボ

[ネガティブ感情のセルフケアと企業支援]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook