「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働ニュースに思うこと一覧

  • 労働ニュースに思うこと一覧

日々、流れてくる、労働関連の多彩なニュース。本コラム欄では、人と仕事研究所の所員が、そうしたニュースに触れて「思うこと」を、持ち回りで執筆します。

2018年06月06日外国人労働者の受け入れ拡大へ
 厚生労働省が先月29日に公表した平成30年4月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月と同水準の1.59倍、前年同月に比べて0.12ポイント上昇し、平成29年6月からは1.5倍…続きを読む
この記事のキーワード
2018年05月09日セクハラはなくなるか?
続くセクハラ告発    毎日のようにメディアに踊る「セクハラ」の文字。そして、それを糾弾しているにもかかわらず、「それもセクハラでしょ」な意見をポロっと言…続きを読む
2018年04月04日男性の育休取得は、どこまで進むか?
男性8割弱が育休取得希望    2月16日、日本生産性本部は「2017年度新入社員 秋の意識調査」の結果を発表しました。調査によると、「子供が生まれたときには育児…続きを読む
この記事のキーワード
2018年03月07日M字解消で広がる? 中小企業の人材難
M字カーブとは?    総務省の労働力調査平成29年平均(速報)が公表され、M字カーブが解消されつつあるという報道がありました。とても喜ばしいことですが、「…続きを読む
この記事のキーワード
2018年02月07日人手不足状態をポジティブに考える
 厚生労働省が先月30日発表した2017年12月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.03ポイント高い1.59倍。上昇は3カ月連続で、1974年1月(1.64倍)以来43年11カ月ぶ…続きを読む
この記事のキーワード
2018年01月10日改正労働契約法「無期転換」への準備はできていますか?
 2013年4月1日の改正労働契約法の施行により、有期労働契約が5年を超えて反復更新された場合は、有期契約労働者の申込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働…続きを読む
この記事のキーワード
2017年11月29日“子どもは欲しくない”アラサーが増加!?
「子どもは欲しくない」アラサーが増加    男女ともに、子どもを持つ意欲が下がってきている―厚生労働省が11月21日に発表した「第5回21世紀成年者縦断調査(平…続きを読む
2017年11月01日ワーク・ライフ・バランスの実現が健全な企業経営の第一歩
 9月29日、厚生労働省は、「平成29年版労働経済の分析」(「労働経済白書」)を公表しました。「労働経済白書」は、毎年決められたテーマに基づき、雇用、賃金、労働…続きを読む
この記事のキーワード
2017年10月04日なぜ主婦パートなのか?
 大手コンビニエンスチェーン、ファストフードチェーンなど、今まで学生アルバイトなどの若年層を採用ターゲットとしてきた業界を中心に、主婦パートをターゲットにし…続きを読む
2017年09月06日ケーキは食べたらとっておけない〜共働き増加で求められる両立支援〜
共働き世帯、専業主婦世帯の約1.7倍    料理関連の書籍で、数年前から作り置きをテーマにした本がブームになっています。書店の料理書コーナーには作り置きのレ…続きを読む
この記事のキーワード
< 1 2 3 4 5 >

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

シゴトの風景

[第75回「胸が痛くなった原因」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

よくわかる評価制度の作り方

[第3回「緊急度が低く、重要度が高いものに取り組む方法」]
人事評価制度を作る上での基本的な考え方から、評価シートの作成方法、実際の運用までを分かりやすく解説します。

人材育成のツボ

[居心地の良い職場をつくる「人間関係の良さ」とは?]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook