「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働トレンド一問一答一覧

  • 労働トレンド一問一答一覧

労働関連のトレンド用語を解説します。

2020年11月26日NEWロックダウン世代
新型コロナウイルス感染症の影響により、教育や就職の機会を失ったことで、将来にわたって労働市場で不利益を受ける可能性のある若い世代のこと。国際労働機関(ILO)…続きを読む
2020年11月19日ミレニアル世代
概ね1981年〜1995年生まれで、主に2000年以降に成人になった世代。2020年時は25歳〜39歳。インターネット普及前の時代に生まれた最後の世代かつ、幼少期から青年期にIT…続きを読む
2020年11月19日Z世代
概ね1996年以降生まれ。2020年現在〜24歳。ミレニアル世代よりもさらに周囲のIT環境が進んでおり、幼少期からインターネットやデジタルデバイスがある前提の生活に触れ…続きを読む
2020年11月12日Society5.0
サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する未来の社会(Society)のコンセプト…続きを読む
2020年11月05日団塊世代
1947年〜1949年生まれ。2020年時の年齢は70〜73歳 第1次ベビーブーム世代とも言われ、3年間の年間出生数は260万人超、合計出生数806万人。第2次世界大戦後の高度経済成…続きを読む
2020年10月30日バブル世代
1960年代後半生まれ。2020年時の年齢は50〜55歳。バブル景気(1986年〜1991年)の頃に社会人になった世代のこと。企業が大量一括採用を行ったため、空前の売り手市場と…続きを読む
2020年10月29日サクセッションプランニング(Succession Planning)
サクセッションプランニングは「後継者育成計画」と訳される言葉で、企業にとっては承継(succession)、従業員にとっては出世(success)という意味が含まれています…続きを読む
2020年10月22日MBO(Management by objectives)
直訳すると「目標による管理」で、経営学者のP.F.ドラッカーが提唱した組織マネジメントの手法です。「目標管理」とは、「目標と自己統制によるマネジメント」を意味し…続きを読む
2020年10月15日ミッシングワーカー
求職活動をしていないために完全失業者数に含まれず、雇用統計や労働市場のデータから見えなくなってしまった状態の人たちを指します。背景には、親の介護で離職して労…続きを読む
2020年10月08日ベーシックインカム(basic income)
政府が年齢・性別・所得の有無を問わず、すべての国民に対して最低限度の生活を送れるように無条件で定期的に現金を支給する社会保障政策のことです。基礎所得保障、基…続きを読む
< 1 2 3 4 5 >

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

はたらくりっぷ

[はたらく権利、はたらかない権利]
社会で働くときに、知っておきたいこと、身につけておきたいこと、考えておきたいことなどを解説したり、考察します。働くことに関する不安や、悩みを解消する知識や考え方などもお伝えします。

ココロの座標/河田俊男

[第56回「孤独死が増えている」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

成果を出すチームのつくり方/吉田幸弘

[第8回「時間の使い方を見直す」]
社内コミュニケーションは、人の定着や生産性向上の土台となるものです。コミュニケーションの醸成や活性化させるための考え方や手法について解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook