「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

人事労務関連ワード辞典

人的資本の情報開示

人事労務に関連するワード集です。基礎的なものからトレンドまで、さまざまなワードを解説します。(2024年6月27日)

人的資本の情報開示とは、人が持つ能力を資本として捉え、さまざまなデータや指標を用いて社外に公開することです。国際標準化機構(ISO)の定義では、「企業の人材戦略を定性的かつ定量的に社内外に向けて明らかにすること」とされています。

2023年3月期から、有価証券報告書での人的資本の情報開示が義務化されました。「有価証券を発行している企業」のうち、主に大手企業約4,000社が対象で、人材育成方針とその目標や実績、男女の賃金格差、女性管理職比率など、ダイバーシティ(多様性)に関する指標の記載が義務となっています。

近年、人材をコストではなく資産と捉え、その価値の最大化に注力する人的資本経営の重要性が増しています。背景には、グローバル化や働き方改革、デジタル技術の進展など、経済情勢や社会環境の変化が早さがあります。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[イマドキの若手は何を考えているのか?〜Z世代による、Z世代との関わり方〜]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

事例で考える困ったときのマネジメント対応/山田真由子

[第4回「発達障害の可能性がある人がいたら」]
働き方や価値観が多様化する中、マネジメントは個別対応が求められています。さまざまな事例から、マネジャーに求められる対応を解説します。

ココロの座標/河田俊男

[第100回「やりたい仕事が分からない」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook