「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

シゴトの風景一覧

  • シゴトの風景一覧

働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探る。

2019年11月07日NEW第92回「ゲイの生きる道」
「ゲイであることを隠そうと思ったことは、一度もありません」  赤川智さん(仮名・30歳)は、これまで働いてきた職場でセクシャルマイノリティーであることを常にオ…続きを読む
2019年10月10日第91回「ご機嫌取りの徹夜作業」
 フリーランスのデザイナーとして、広告や書籍などの制作を請け負っている山田葉子さん(仮名・39歳)は、以前勤務していた制作会社で先輩ディレクターAからのパワハ…続きを読む
2019年09月12日第90回「あえて選ぶ派遣の道」
「正社員としてやっていけるのに、もったいない」  佐田菜々子さん(仮名・42歳)は、数々の派遣先企業でそう言われ続けてきた。そのたびに、「派遣社員は下に見られ…続きを読む
この記事のキーワード
2019年08月08日第89回「スーツ組になって思ったこと」
 ハウスクリーニング会社のマネジャーになって半年、君村文典さん(仮名・45歳)は現場に戻りたいと思い始めている。   「現場の作業員時代、マネジャーって楽そ…続きを読む
この記事のキーワード
2019年07月11日第88回「意表をつかれた異動辞令」
 海外調査部への異動を命ずる―――。  マーケティングリサーチ会社に勤務して5年、長崎佐奈美さん(仮名・30歳)に人事異動の辞令が出た。   「年度末に役員と…続きを読む
この記事のキーワード
2019年06月13日第87回「若手3人の退職が続いた理由」
「この数カ月の間に、若い人たちが立て続けに辞めていきました。共通しているのは、退職理由に社長が関わっていることです」    インテリア用品の卸会社に勤める…続きを読む
この記事のキーワード
2019年05月16日第86回「3社目で得た平穏」
 笠原礼子さん(仮名・39歳)はWebディレクターとして3社目でようやく腰を落ち着けたが、過去の2社では苦い思い出がある。 「給料未払いや不当な人事異動など、いろん…続きを読む
この記事のキーワード
2019年04月11日第85回「若手社員に思うこと」
 出版社に勤める倉野文博さん(仮名・58歳)は、新人の言動に頭を悩ませていた。   「新人といっても、新卒を採るような会社ではないので全員が中途採用です。す…続きを読む
この記事のキーワード
2019年03月14日第84回「左足を失って気づいたこと」
 左足を切断して仕事観が変わったというのは、東京郊外に住む深田仁一さん(仮名・46歳)である。    深田さんは介護業界と運送業界を中心に職を転々としてきた…続きを読む
この記事のキーワード
2019年02月14日第83回「面倒な客」
 広告代理店に勤める梶木勝さん(仮名・35歳)は、いつも無茶な要求を突きつけてくる取引先A社に腹を据えかねていた。   「急に連絡してきて納期まで1週間しかな…続きを読む
この記事のキーワード
< 1 2 3 4 5 >

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[行動あるのみ〜高齢就業者数、過去最高862万人〜]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第8回「チームの感情をコントロールする」]
怒りや妬みなどの負の感情のコントロールを学ぶことは、メンタルを強くし、仕事の成果や自己成長につなげることができます。メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第32回 季節性インフルエンザの効果的な勤怠対応]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook