「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

人材育成のツボ

「現状」から「ゴール」を計算した人材育成〜学びに意欲的な組織づくり〜

アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。(2021年6月10日)

< 1 2 >

 突然ですが、KKDという言葉をご存じでしょうか?
 勘、経験、度胸の頭文字をとってできた言葉です。日本では古くから、製造業を中心として大切にされてきた仕事の手法で、過去の高度経済成長も、この手法を使った組織運営に支えられてきました。現在でも多くの場面で思い当たるのではないでしょうか。私自身も、KKDには、かなりお世話になっています。

 

 しかし、変化の激しい現代社会において、これだけに頼りすぎると、間違った判断をすることが多くなっているのだと思います。
 KKDの対になる考え方の一つに、データドリブン(Data Driven)があります。さまざまなデータ分析結果をもとに、課題解決の施策や意思決定を行うことです。こういった考え方・手法は、今後ますます重要視されるようです。

 

 さて、人材育成でも同じようなことが言えると感じています。私が最近とても興味を持っているのが、インストラクショナルデザイン(ID)です。私はIDについては勉強中ですので、これについて多くのことを語ることはできないのですが、IDとは、教育研修の効果・効率・魅力を高めるため、50年に渡り研究されてきた学問です。問題解決と同様、「自社の人材の現状(入口)」と「自社の人材をどう成長させるのか(出口)」のギャップを埋めるための手法です。その中で研修をデザインします。

 

 

 

 

 しかし、効果的なさまざまな研修を行い、受講者も熱心に学んだとしても、直属の上司が研修に対して否定的な考えであるならば、受講者は研修での学びを深めたり活かしたりすることはできません。これもIDの重要なセオリーです。これについては私も、今までの経験の中で幾度も感じています。

 

 例えば、私が7年前から担当させていただいている企業様では、研修前、研修後のかかわりをとても大切にされています。研修前には面談で、一人一人に目的意識を持たせています。研修後には再び面談で、アクションプランを確認しています。

 

 また、半年ごとの評価面談では、アクションプランをどこまで実践できたかを評価ポイントの一つにされています。それだけではなく、社員が働きやすい環境を整えるためにさまざまな努力・工夫をされています。そのため、私が社員の方々にお会いするたびに、成長をはっきりと感じます。社員一人一人が学びに意欲的な組織を作られています。

 

 

>>>次ページにつづく

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>
につづく

 

 


●文/松嶋清和(まつしま きよかず)
株式会社アイデム 西日本事業本部 キャリア開発支援チーム/人材育成・研修プランナー
特定社会保険労務士、キャリアコンサルタント(国家資格)、メンタルヘルス・マネジメント検定擬
大学卒業後、大手アパレル商社に勤務、全国の小売店との相談・折衝業務に従事する。その後1998年に株式会社アイデムに入社してからは、13年間に延べ3,000社以上の経営者・人事担当者らと面談。求人広告の営業担当として、採用および人材活用に関する提案を続けてきた。2010年11月以降は同社「キャリア開発支援チーム」にて、採用後の人材育成、教育・研修に特化した企画提案を行っている。

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[私のチラシは受け取らず、先輩から受け取ったワケ]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

ココロの座標/河田俊男

[第66回「ブラック企業のグレー従業員」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

monthly雇用情勢リポート

[有効求人倍率1.15倍、2カ月連続で改善]
最新の雇用指標や景気の動きなどをもとに、雇用・労働市場の動向をリポートします。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook