「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アンケート調査

2023年06月12日

転職活動に関するアンケート調査(2022)

「賃金」「仕事」「時間」の優先順位、「仕事>時間>賃金」が20.9%で最多。「時間」の優先順位が高いのはパートまたはアルバイト

この調査の全文データはこちら

◆調査結果(一部抜粋)

 

【応募から内定までの期間】

「1週間未満」54.1%、「1週間以上2週間未満」25.1%、「2週間以上3週間未満」8.8%



【応募企業を選ぶ際に詳しく知りたい求人情報

 「具体的な仕事内容」63.6%、「月々の給与額・手当の詳細」47.7%、「職場の就業環境」42.6%



【入社前と入社後のイメージのギャップ】 

「ある」が34.5%となり、リアリティショック経験者は3割超 

ギャップが「ある」男性29.9%、女性38.3%、女性の方が男性より8.4pt高い



【賃金・仕事・時間の優先順位 】

「仕事>時間>賃金」20.9%
「仕事>賃金>時間」19.7%
「時間>仕事>賃金」17.8% 


30代以下は「賃金>時間>仕事」が最も多く21.6% 


転職活動中の回答者では、

└パートまたはアルバイトでは「時間>仕事>賃金」が最多

└正社員と契約社員または嘱託社員では「仕事>賃金>時間」が最多

└派遣社員とその他では「仕事>時間>賃金」が最多

 


 

•調査対象

総合求人サイト『イーアイデム』の会員で、 調査期間の90日前に『イーアイデム』から何らかの求人に応募した人 


•調査期間

►2021/09/02〜2022/12/28

 

•調査方法

►インターネットリサーチ

 

•有効回答数

►1,211件

 

※調査結果は四捨五入のために合計が 100 %にならない場合があります

この調査の全文データはこちら

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。
コンテンツをご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

PDFのご利用について

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader(無料)が必要です。
インストールされていない方は、ご使用の際には、下記よりダウンロードしてください。
Adobe Reader (アドビ システムズ株式会社のサイトへ)
人気記事ランキング

マネジャーの仕事/田中和彦

[第35回「男性部下からの育休申請に、どう対処すればいいか?」]
人材育成や評価、意思決定など、マネジャーにはさまざまな役割が求められます。マネジャーに必要な視点や考え方、心の持ち方などについて考察します。

判例に学ぶ労使トラブルの処方箋/岡正俊

[労働条件通知書の記載と職種限定契約〜K事件(京都地裁平成30.2.28判決、労判1177号19頁)〜]
近年、労働関係の訴訟は社会的関心が高まり、企業にとって労使トラブル予防の重要性は増しています。判例をもとに、裁判の争点や予防のポイントなどを解説します。

時事トピックス

[一般労働者の平均賃金は月31万8,300円、30年ぶりの高水準]
人事労務関連のニュースの中から、注目しておきたいものや社会の動向を捉えたものなどをピックアップしてご紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook