「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 不満を抱える限定正社員のうち半数が正社員との「不合理な賃金差がある」ことに不満(JILPT)

不満を抱える限定正社員のうち半数が正社員との「不合理な賃金差がある」ことに不満(JILPT)

独立行政法人労働政策研究・研修機構は、「多様な働き方の進展と人材マネジメントの在り方に関する調査」を実施し、結果をとりまとめ、公表した。

 

近年、企業において女性・高齢者・外国人材等の活用が進む中、職場における人材の多様性が高まっている。これらを踏まえ、多様な人材一人ひとりの能力が発揮され、いきいきと働き続けられる職場環境の構築に向けた人材マネジメントに関する諸課題を明らかにすることを目的として、企業・労働者アンケート調査を行った。
本調査は、厚生労働省労働政策担当参事官室の要請に基づき、実施したもの。

 

企業調査の対象:全国の従業員100人以上の企業12,000社。有効回収数は2,260件(有効回収率:18.8%)。
労働者調査の対象:調査対象企業で正社員8人に配付、本人が直接返送 計96,000人。有効回収数は12,355件(有効回収率:12.9%)。

 

【ポイント】
<企業調査>
◆雇用人員の過不足状況は、正社員で59.7%が不足と回答


◆半数の企業が、過去5年間で、性別、年齢、国籍、雇用形態、職種等の観点からの多様化が推進されたと回答


◆高度専門人材採用企業のうち44.0%が「イノベーション促進」の効果に肯定的評価


◆副業・兼業を許可している企業は11.2%、許可を検討8.4%、7割が許可予定なしと回答

 

<労働者>
◆限定正社員のうち不満がある労働者31.1%。そのうち56.6%が正社員に比べて「不合理な賃金差がある」ことに不満


◆能力開発を活発に進めていくための重要な企業側の支援は、「人事考課において、従業員の能力開発への取組状況をより評価」が51.4%ともっとも多く、次いで、「上長等の育成能力や指導意識の向上」が50.9%

 

 

詳しくは独立行政法人労働政策研究・研修機構のWEBサイト

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[まだ市場にいる「未活用」な働き手]
アイデム人と仕事研究所の所員が、労働関連のニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

シゴトの風景

[第80回「本部と現場に振り回されて」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

人材育成のツボ

[「指導」と「育成」]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook