「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • テレワーク実施率は53.1%、5カ月前に比べ14.2ポイント減少−「テレワークの実施状況に関するアンケート調査」(東商工)

テレワーク実施率は53.1%、5カ月前に比べ14.2ポイント減少−「テレワークの実施状況に関するアンケート調査」(東商工)

東京商工会議所は、東京におけるテレワークの実態や課題等を把握するため「テレワークの実施状況に関するアンケート」を実施し、調査結果をとりまとめ、公表した。

 

<調査機関>2020年9月28日(月)〜10月12日(月)
<調査対象>13,580社(回答数:1,048社(回答率7.7%))
<従業員規模構成>30人未満:273社(26.3%)、30人以上50人未満:165社(15.8%)、50人以上100人未満:190社(18.1%)、100人以上300人未満:192社(18.9%)、300人以上:214社(20.8%)

 

【結果のポイント】
◆テレワーク実施率(企業ベース)は53.1%で、5/29〜6/5調査時に比べ、14.2ポイントの減少となった。テレワークを「一時期実施していたが、現在は取りやめた」企業は22.1%で、「現在実施している」企業53.1%と合せたテレワークの「経験率」は75.2%だった

 

◆テレワークを継続的に実施している目的は、「社員の出勤人数を抑制(三密回避)」が82.9%で最多で、「感染症流行時等における事業継続性の確保」(75.7%)が続いた

 

◆テレワークを実施した効果は、回答者全体では、「働き方改革が進んだ」が46.2%で最多。また、テレワークを継続的に実施するうえでの課題は、「発令前より実施」では、「書類への押印対応」が61.6%で最多で、「発令以降から実施」では、「社内のコミュニケーション」が57.4%で最多となった

 

◆現在テレワークを実施していない理由ついて、「一時期実施していたが、現在は取りやめた」企業では、「業務の生産性が下がる」が45.7%で最多で、「一度も実施していない」企業では、「テレワーク可能な業務がない」が55.6%で最多だった

 

 

⇒詳しくは東京商工会議所のWEBサイト

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

はたらくりっぷ

[はたらく権利、はたらかない権利]
社会で働くときに、知っておきたいこと、身につけておきたいこと、考えておきたいことなどを解説したり、考察します。働くことに関する不安や、悩みを解消する知識や考え方などもお伝えします。

ココロの座標/河田俊男

[第56回「孤独死が増えている」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

成果を出すチームのつくり方/吉田幸弘

[第8回「時間の使い方を見直す」]
社内コミュニケーションは、人の定着や生産性向上の土台となるものです。コミュニケーションの醸成や活性化させるための考え方や手法について解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook