「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 正社員以外の労働者を活用する理由、「正社員を確保できないため」が最多−令和元年 就業形態の多様化に関する総合実態調査(厚労省)

正社員以外の労働者を活用する理由、「正社員を確保できないため」が最多−令和元年 就業形態の多様化に関する総合実態調査(厚労省)

厚生労働省は、令和元年「就業形態の多様化に関する総合実態調査」結果を公表した。
同調査は、5人以上の常用労働者を雇用する約17,000事業所と、そこで働く約37,000人の正社員及び正社員以外の労働者を対象として19年10月1日現在の就業形態を調査したもの。前回は平成26年に実施。
 
【結果のポイント】
◆前回調査と比べて、正社員以外の労働者比率が「上昇した」事業所は 16.2%、「低下した」事業所は14.6%。比率が上昇した就業形態(複数回答)をみると、「パートタイム労働者」が 63.0%、次いで「嘱託社員(再雇用者)」 が 22.8%となっている
 
◆事業所調査では、正社員以外の労働者を活用する理由は(複数回答)、「正社員を確保できないため」(38.1%)が最多。次いで「1日、週の中の仕事の繁閑に対応するため」(31.7%)、「賃金の節約のため」(31.1%)となった。これらの理由の事業所割合は、前回に比べて低下している
 
◆個人調査では、現在の職場での満足度DIについて、「正社員」は「雇用の安定性」が61.4ポイント、「正社員以外の労働者」は「仕事の内容・やりがい」が57.5ポイントで、それぞれ最多となった
 
 

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

マンガ・ワーママ人事課長キノコさん

[第35回「在籍出向の賃金は誰が払う?」]
難しい労働関連の法律や、雇用や働き方に関する社会の動きなどを、親しみやすいマンガで分かりやすく解説します。

マネジメント悩み相談室/田中和彦

[第59回「上司の立場で会社を辞めた場合、部下への説明はどうしたらいいか?」]
マネジメントに関する悩みについての解決策を示したり、対処法などを解説します。

マナバンク〜学びのヒント〜

[人生の満足度と、職場の定着]
ビジネスパーソンが抱えるさまざまな課題について、解決やキャリアアップにつながるヒントを学びます。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook