「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 2020 年「夏季・冬季 賞与・一時金調査結果」の概要を公表(経団連)

2020 年「夏季・冬季 賞与・一時金調査結果」の概要を公表(経団連)

一般社団法人 日本経済団体連合会は、「2020年 夏季・冬季 賞与・一時金調査結果」の概要を公表した。
回答状況:集計企業数 357 社(製造業 45.7%、非製造業 54.3% 従業員 500 人以上 75.1%)、有効回答率 17.5%
 
【結果のポイント】
賞与・一時金の水準
◆非管理職/夏季74万1,504円(対前年増減率△1.5%)、冬季 68万3,471円(同△4.4%)
 管理職/夏季151万 1,632円(同△3.0%)、冬季 134 万5,972 円(同△ 5.2%) 
 いずれも前年と比べマイナス。コロナ禍等の影響により、夏季・冬季ともにリーマン・ショック後の 2009 年に次ぐ減少率となった
 
産業別((非管理職平均)
◆製造業平均/夏季72 万7,704 円(対前年増減率△3.5%)、冬季 69万7,662 円(同△5.5%)
 非製造業平均/夏季75万3,771円(同+ 0.3%)、冬季 67 万 679 円(同△3.3%) 
 非製造業の夏季を除き、前年を下回った
 
◆製造業では、夏季・冬季ともにマイナスの産業が多い中、食料品(夏季+1.0%、冬季+4.7%)と紙・パルプ(夏季+5.6%、冬季+2.3%)は夏季・冬季とも前年比プラスとなった
 
◆非製造業では、夏季に比べて冬季に前年を下回った産業が多い中、 運輸・通信業は夏季・冬季ともに前年を上回った(夏季+1.0%、冬季 +1.6%)。なお、最もマイナス幅が大きいのは、夏季・冬季ともにサービス業(夏季△1.5%、冬季△6.1%)となっている
 
 
●2021年4月16日  2020 年「夏季・冬季 賞与・一時金調査結果」の概要 PDF

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[改正理由から見る労働法の読み方]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

知識ゼロからのDX入門/渋屋隆一

[第2回「経営者に求められる3つの役割」]
近年、注目されているデジタルトランスフォーメーション(DX)について、言葉の定義から企業としての取り組み方まで、わかりやすく解説します。

繁盛店になる店舗マネジメント/岡本文宏

[第2回「視点を変える」]
店舗マネジャー、FCオーナーとして14年、商店主専門のビジネスコーチとして16年、合わせて30年間、現場に関わってきた著者が解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook