「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

「年次有給休暇の取得に関するアンケート調査」結果を発表(JILPT)

独立行政法人 労働政策研究・研修機構は、調査シリーズ211「年次有給休暇の取得に関するアンケート調査」の結果を発表した。
当調査は、働き方改革関連法の施行に伴い、勤労者の年次有給休暇取得に関する実態や意識などを把握することを目的として、厚生労働省労働基準局の要請に基づき、企業・労働者アンケート調査を行ったもの。
調査時期:2020年1月27日〜2月7日
<企業調査:全国の従業員30人以上の企業 有効回答数5,738票>
<労働者調査:調査対象企業を通じて、そこで雇用されている労働者 有効回答数 1万5,297票>
 
【結果のポイント】
◆企業調査では、年休の計画的付与制度が「導入されている」企業の割合は42.8%、時間単位年休取得制度を「導入している」企業の割合は22.0%だった
 
◆労働者調査では、2018年度の年次有給休暇の取得日数を3年前と比較したところ、「変化しなかった」が46.4%を占める一方で、「増加」(「5日以上増えた」「3〜4日増えた」「1〜2日増えた」の合計)も41.5%となった。「増加」した者の年次有給休暇の取得日数が増えた理由(複数回答)は、「会社の取組みにより取りやすい就業環境になったから」が37.6%で最多となった
 
◆労働者調査では、時間単位年休の取得経験について、「取得したことがある」が56.7%。取得した時間単位年休の総日数は、「2日分以上〜3日分未満」が29.1%と最も割合が高く、次いで、「1日分未満」(24.1%)、「1日分以上〜2日分未満」(15.9%)となった
 
◆年次有給休暇の年5日の取得義務化についての理解度では、企業調査において、「内容を十分に理解している」が64.4%ともっとも割合が高く、次いで、「ある程度理解している」(31.1%)、「聞いたことがある」(3.1%)となり、「知らない」(0.6%)はわずかとなった
 
◆年次有給休暇の年5日の取得義務化の理解度について、労働者調査では、「内容を含め知っている」が54.9%ともっとも割合が高く、次いで、「聞いたことがある」(29.5%)、「知らない」(14.3%)となっている
 
 

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

マチガイだらけの社員教育

[【事例】定着と成長をサポートする若手社員研修]
社員教育を行うときに考えておきたいことや注意したいこと、心に留めておきたいことなどをお伝えします。

しごとごはん/中野ヤスコ(管理栄養士・調理師)

[カルシウムで心身ともに「強く」なる]
働く人の体やメンタルの不調を改善したり、健康を維持するための食事やレシピなどを紹介します。

シゴトの風景

[第111回「仕事ができる人」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook