「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 「前年の初任給から引き上げた」企業29.9%、前年比12.7ポイント減−2021年3月卒「新規学卒者決定初任給調査結果」(経団連)

「前年の初任給から引き上げた」企業29.9%、前年比12.7ポイント減−2021年3月卒「新規学卒者決定初任給調査結果」(経団連)

一般社団法人 日本経済団体連合会は、「2021年3月卒新規学卒者決定初任給調査結果」を発表した。
当調査は、新規学卒者の初任給の実態と動向を把握し、今後の初任給対策の参考とするために1952 年より毎年実施(東京経営者協会との共同調査)しているもの。

 

調査時期:2021 年6月 30 日〜8月 31日

集計企業数:473 社(製造業49.0%、非製造業51.0%、従業員 500 人以上 73.2%)

 

 

【結果のポイント】
◆初任給決定にあたって最も考慮した判断要因は、「世間相場」(27.9%)が最も多く、これに「在籍者とのバランスや新卒者の職務価値」(22.9%)が続き、傾向に変わりはない。一方、「人材を確保する観点」(14.4%)と「賃金交渉の結果による配分」(9.8%)は2年連続で減少し、「企業業績を勘案」(8.9%)が 2019 年(4.3%)から倍増する などの変化もみられる

 

◆「前年の初任給から引き上げた」と回答した企業は29.9%(前年比12.7ポイント減)となり、3年連続で低下したものの、約3割に上っている。「引き上げた」企業の内訳では、「求人賃金として前年の初任給を示したが、賃金改定後引き上げた」との回答(77.9%)が最も多かった

 

◆学歴別の初任給の引上げ額は、大学卒・技術系1,117 円(前年比68円減)が最も高く、次いで、高校・技術系1,106 円(同294円減)、短大卒・技術系1,074 円(同173円減)の順となった。初任給の推移をみると、2014 年〜2019 年は業績の回復・拡大によって増加傾向にあったが、2020 年から減少に転じている。

 

 

⇒詳しくは一般社団法人 日本経済団体連合会のWEBサイト
●2021年11月17日 2021年3月卒「新規学卒者決定初任給調査結果」の概要 PDF

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[男性従業員のパートナーの出産予定を、会社はどう把握すればいいのか?〜ついに始まる「男性」の育児休業〜]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

知識ゼロからのDX入門/渋屋隆一

[第9回「小さな食堂がDXで売上5倍を実現した手順」]
近年、注目されているデジタルトランスフォーメーション(DX)について、言葉の定義から企業としての取り組み方まで、わかりやすく解説します。

繁盛店になる店舗マネジメント/岡本文宏

[第9回「現場のサブリーダーを育てるメリット」]
店舗マネジャー、FCオーナーとして14年、商店主専門のビジネスコーチとして16年、合わせて30年間、現場に関わってきた著者が解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook