「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 11月の経済基調判断「引き続き持ち直しの動きに弱さがみられる」で据え置き−月例経済報告(内閣府)

11月の経済基調判断「引き続き持ち直しの動きに弱さがみられる」で据え置き−月例経済報告(内閣府)

政府は11月25日、11月の「月例経済報告」を公表した。
基調判断は、前月の「依然として厳しい状況にあるなか、持ち直しの動きが続いているものの、そのテンポが弱まっている」から「厳しい状況が徐々に緩和されつつあるものの、引き続き持ち直しの動きに弱さがみられる」と表現を変えたものの、据え置いた。
 
先行きは「経済社会活動が正常化に向かう中で、各種政策の効果や海外経済の改善もあって、景気が持ち直していくことが期待されるが、供給面での制約や原材料価格の動向による下振れリスクに十分注意する必要がある。また、感染症による内外経済への影響や金融資本市場の変動等の影響を注視する必要がある」としている。
 
雇用情勢は、「感染症の影響が残る中で、弱い動きとなっているものの、求人等の動きに底堅さもみられる」で変わらず。個人消費は「一部に弱さが残るものの、持ち直しの動きがみられる」へ上方修正した。
 
 
⇒詳しくは内閣府のWEBサイト
●月例経済報告(月次)令和3年11月 PDF

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

労働トラブルの予防線

[賃金トラブルになりがちな4事案]
人事労務に関するトラブルは、労働者と雇用主の双方にとって負担となります。職場でトラブルになりがちなことについて、予防の観点から解説します。

【企業に聞く】人が活きる組織

[株式会社ウィローズ/ホワイト経営で、高い定着率と過去5年平均150%強の業績アップを実現]
やる気を引き出す仕組みや教育制度などの人事施策や、働きやすい職場環境の実現など、人に関する企業事例を紹介します。

しごとごはん/中野ヤスコ(管理栄養士・調理師)

[何を食べるかより、「いつ」食べるか〜食事と生活のリズムを見直す〜]
働く人の体やメンタルの不調を改善したり、健康を維持するための食事やレシピなどを紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook