「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アンケート調査

  • アンケート調査
  • 2015年3月卒業予定者の就職活動に関する調査(2014年1月末状況)

2014年03月05日

2015年3月卒業予定者の就職活動に関する調査(2014年1月末状況)

2014年1月末状況  2015年度の就職活動を行う学生の実態と動向を明らかにするために、就職活動に関する調査を実施しました

この調査の全文データはこちら

2015年3月卒業予定者の就職活動に関する調査(2014年1月末状況)


▼進捗状況

 現在のステータス:「エントリー活動段階」67.1% (12月末状況調査 57.0%)
          エントリーシート・履歴書の提出社数 平均8.84社
          エントリーシート・履歴書の作成時間 平均146.08分

 1日のスケジュール:「就職活動」4.15時間 「趣味や遊び」3.16時間
           「学業・サークル・アルバイト」4.75時間 「睡眠」7.05時間

 会社説明会:参加回数は「10回以上」58.1%
       参加申込をしたのに、説明会を欠席したことが「ある」 47.4%
       欠席理由は「体調不良」「行くのが面倒」「他の企業の説明会・選考」
       説明会参加後に、その企業の印象が“良く”なったことが「ある」 93.5%
       説明会参加後に、その企業の印象が“悪く”なったことが「ある」 62.1%


▼企業選定の傾向

  企業規模に対する志向:「大企業志向」51.1%、「中小企業志向」26.1%、
            「企業規模は全く意識していない」22.8%
            12月末状況調査と比べ、男性と理系は大企業志向が高まる傾向

 志望業界:「志望する業界を限定し、その中で企業を探す」56.6%
      「業界には全くこだわらずに、企業を探す」43.4%

 企業選定時に重視度が高いもの:「事業内容」「会社・社員の雰囲気」「職種」「業界」
                「勤務地」
                                    女性は、勤務地や育児支援等の“働きやすさ”をより重視

▼就職活動に対する気持ち

  相談相手:「友人・知人」71.3% 「父親・母親」40.8% 「先輩」39.2%
 
 心境:「期待≦不安」が約7割
    不安の内容は、「内定が取れないかもしれない」
           「交通費やリクルートグッズの費用がかかる」
                 「自分の何を評価されるのかがわからない」

 現在の状況や気持ちを表す四字熟語:「五里霧中」「一期一会」「暗中模索」「四苦八苦」

この調査の全文データはこちら

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。
コンテンツをご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

PDFのご利用について

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader(無料)が必要です。
インストールされていない方は、ご使用の際には、下記よりダウンロードしてください。
Adobe Reader (アドビ システムズ株式会社のサイトへ)
人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[忘年会に来た女性社員に「今日、子供は大丈夫なの?」と聞いていないか?]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第33回 年次有給休暇5日・時季指定義務の運用確認]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第9回「ACT(アクト)で感情をコントロールする」]
怒りや妬みなどの負の感情のコントロールを学ぶことは、メンタルを強くし、仕事の成果や自己成長につなげることができます。メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook