「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働トレンド一問一答

特定技能2号

労働関連のトレンド用語を解説します。(2019年4月18日)

 生産性の向上や国内での人材確保のための取組みを行ってもなお、人手不足が深刻と認められた分野を対象に、熟練した技能(※)を要する業務に就く、高度な試験に合格した外国人労働者向けの在住資格です。分野ごとに定める実務経験を持ち、技能試験に合格することで取得できます。

 

在留期間の上限:なし(更新可)
家族の帯同:可
対象分野:建設/造船・舶用工業(2業種)

 

※長年の実務経験等により身につけた、高い専門性・機能を要する技能をいう。例えば、自らの判断により高度に専門的・技術的な業務を遂行できる、監督者として業務を統括しつつ熟練した技能で業務を遂行できる等の水準。(※業種による)

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[「就職氷河期世代支援」への期待と課題]
アイデム人と仕事研究所の所員が、労働関連のニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第28回 有休の時季指定義務〜実務上のポイント〜]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。

monthly時事トピックス

[新入社員「働き方は人並みで十分」が63.5%、過去最高]
人事労務関連のニュースの中から、注目しておきたいものや社会の動向を捉えたものなどを月ごとにピックアップしてご紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook