「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働トレンド一問一答

Zoom fatigue(ズームファティーグ)

労働関連のトレンド用語を解説します。(2020年8月20日)

直訳すると「Zoom疲れ」です(fatigueの訳は疲れ、疲労)。Zoomに代表されるテレビ・Web会議ツールを使って、オンラインミーティングなどで疲れてしまうことを意味します。

 

人間は、直接対面で対話する場合、会話等の言葉のコミュニケーションのほか、無意識のうちに非言語のやりとり(ノンバーバルコミュニケーション)を取り入れています。例えば表情、しぐさ、視線、音の強弱、姿勢などです。これらは相手の感情を読み解くために人間が社会的動物として身につけたものです。

 

しかし、オンラインミーティングでは非言語コミュニケーションが、対面時と比べて格段にとりにくくなります。ちょっとしたしぐさやボディーランゲージは、画面に映らなければ取得できません。移っていても画像が荒かったり、音声が乱れたりするなどで、読み取りが難しくなります。無意識のうちに頼っていた情報に頼れなくなるため、無意識に手掛かりも画面や音声に求めてしまい、過剰に集中することで疲れてしまうといわれています。

 

Zoom fatigueを軽減するには、意識してリフレッシュを取り入れることはもちろん、ビデオをオフにして通話だけにしたり、カメラの位置を斜めにしてスティンザー効果(※)を狙うのもよいでしょう。

 

 

※スティンザー効果とは?
アメリカの心理学者スティンザーが提唱した「心理的効果」のことです。会議などで互いの座る位置によって、その人と自分との関係性が現れ、互いに感じ方が変わることを言います。

・あなたの正面に座る人:反対意見やライバル心を持っている。
・あなたの横に座る人:味方になってくれる可能性がある。
・あなたの斜めに座る人:緊張感が緩和され、ストレスがかからない。親しい関係を期待できる。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

マンガ・ワーママ人事課長キノコさん

[第30回「在宅勤務の最低賃金 会社と自宅どちらの地域が適用?」]
難しい労働関連の法律や、雇用や働き方に関する社会の動きなどを、親しみやすいマンガで分かりやすく解説します。

マネジメント悩み相談室/田中和彦

[第54回「部下が気をつけるべきリモートワークのポイントは?」]
マネジメントに関する悩みについての解決策を示したり、対処法などを解説します。

マナバンク〜学びのヒント〜

[研修で人は変わることができるのか? 社会人の学びと成長]
ビジネスパーソンが抱えるさまざまな課題について、解決やキャリアアップにつながるヒントを学びます。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook