「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働ニュースに思うこと

人手不足状態をポジティブに考える

日々流れてくる労働関連の多彩なニュース。本コーナーは、アイデム人と仕事研究所の所員が、そうしたニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

< 1 2 >

 厚生労働省が先月30日発表した2017年12月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.03ポイント高い1.59倍。上昇は3カ月連続で、1974年1月(1.64倍)以来43年11カ月ぶり高水準、9か月連続でバブル期のピークを超え、空前の「売り手市場」です。一方、12月の完全失業率は前の月より0.1ポイント高い2.8%。完全失業率の悪化は7カ月ぶり。総務省統計局は「よりよい条件の仕事を探すために自発的に仕事を離れる人が増えているとみられる」と分析しています。

 

 

 

人手不足倒産が前年より2倍増

 

 現在、中小企業を中心に人手不足が深刻化しています。人手不足感が解消されないなかで、いわゆる「人手不足倒産」が増加しており、東京商工リサーチの調査によると、2017年(1-12月)では前年より2倍増で推移しています。産業別に見ると、最多が建設業の79件(前年比3.9%増、前年76件)、次いでサービス業他が76件(同13.4%増、同67件)と続き、この2産業だけで約半数(構成比48.8%)を占めています。

 

 

 

 

 そもそも建設業については、建設投資が平成4年度の84兆円をピークに減少し、平成22年度には平成4年度の半分程度にまで減少しています。業界自体が縮小傾向であり、3K(キツイ、キタナイ、キケン)職種であり人材を確保するのは容易ではないでしょう。東日本大震災からの復興、東京オリンピック特需による案件が増加しても、人手不足による業界内での人材の奪い合い、その結果、人件費の高騰。仮に受注が増えても人件費が膨らみ利益が出ません。慢性的ともいえる非常に厳しい経営を強いられています。

 

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

 


 

 

 

●文/波多野雅彦(はたの まさひこ)
アイデム人と仕事研究所 教育・研修企画/営業担当
大学卒業後、大手ゼネコンにて国内外建設プロジェクトの施工管理に従事。経営学修士号取得後、経営コンサルティング会社にて、経営体質改善・人材育成支援業務に携わる。現在、アイデム人と仕事研究所にて、教育・研修を通してお客様が目指す会社づくり、人づくりにお役に立てることを目指して日々業務に取り組んでいる。

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

シゴトの風景

[第74回「マネジャーの覚悟」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

よくわかる評価制度の作り方

[第2回「人事評価がうまくいかない5つの理由」]
人事評価制度を作る上での基本的な考え方から、評価シートの作成方法、実際の運用までを分かりやすく解説します。

人材育成のツボ

[知ってるつもりになっていませんか? 具体的な目標設定の仕方!]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook