「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 現職の雇用形態についた理由、「都合のよい時間に働きたいから」が最多―労働力調査(総務省統計局)

現職の雇用形態についた理由、「都合のよい時間に働きたいから」が最多―労働力調査(総務省統計局)

総務省統計局は、労働力調査(詳細集計)平成31年(2019年)1〜3月期平均(速報)を取りまとめ、公表した。


労働力調査は、統計法に基づく基幹統計『労働力統計』を作成するための統計調査であり、我が国における就業及び不就業の状態を明らかにするための基礎資料を得ることを目的としている。
詳細集計は、主に、非正規の職員・従業員が現職の雇用形態についた理由、転職等希望の有無、仕事につけない理由、失業期間、就業希望の有無、未活用労働指標などについて集計している。

 

【結果のポイント】
◆役員を除く雇用者5620万人のうち、正規の職員・従業員は3457万人(前年同期比34万人増)、非正規の職員・従業員は2162万人(同45万人増)となり、現職の雇用形態についた主な理由は、男女共に「自分の都合のよい時間に働きたいから」が最も多く、男性は前年同期に比べ10万人増加、女性は18万人増加した

 

◆非労働力人口は4234万人(前年同期比81万人減)となり、このうち就業希望者は343万人(同6万人増)となった

 

◆未活用労働について、追加就労希望就業者は190万人(前年同期比13万人増)、潜在労働力人口は41万人(同4万人増)となった

 


詳しくは総務省統計局のWEBサイト

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[行動あるのみ〜高齢就業者数、過去最高862万人〜]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第8回「チームの感情をコントロールする」]
怒りや妬みなどの負の感情のコントロールを学ぶことは、メンタルを強くし、仕事の成果や自己成長につなげることができます。メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第32回 季節性インフルエンザの効果的な勤怠対応]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook